生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

ミツバチいろいろ :: 2012/05/01(Tue)

120428renge.jpg


↑レンゲ花壇で一枚! けっこうよく撮れた? でも、羽ってなかなか写らないんですね。

hun-mitsubachi.jpg



↑黄色いつぶつぶは、ミツバチのふんです。落ちたばかりは玉になっていて、つやっときれい。なんの卵? と思ったらフンでした。

  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

寒い春、ハチたちは……。 :: 2012/04/22(Sun)

都市養蜂の会、活動シーズンが始まりました!

が、今年はなかなか大変です。

花は咲けども寒すぎて、ハチたちが思うように蜜を集めに行けないようです。

昨日も蜜を取りましたが、収穫は微々たるもの。桜の香りのする美味しい蜜でしたが、人間がいただいてはいけないぐらいの量しかありません。もう少し暖かい日が続いてくれればいいのですが…。

さて、この日は古い巣枠を解体するという作業をしました。枠を壊さないように蜜蝋部分をひっぺがすのですが、力がいるので大変。でも次第になれてスピーディーにできるようになりました。こういう仕事って、やってるとつい夢中になります。会社の仕事と違って、やればやっただけ進むところがいいんですよね。
「悪いけどイチから考え直して」
なんてことがないんです。これってうれしい!

hach120407i.jpg
↑日本ミツバチです。セイヨウミツバチとは、ハチの感じもちょっと違うけど、巣を作っているロウの感じもちょっと違いいます。

  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

プロポリスドリンクを作る :: 2012/02/05(Sun)

プロポリス(propolis)は、植物が分泌した様々な物質をミツバチが採集した粘着性の物質で、営巣などに用いられる。蜂ヤニともいう。語源は、ラテン語のpro(=前、防御)、ギリシャ語のpolis(=都市)である。(wikipediaより)

抗菌作用があるため、風邪の予防などに人気のプロポリス。そのままでは固くて使えないので、アルコールに溶かして利用するのだそうです。
抽出方法はそれほど難しくないと聞きましたので、私も試してみることにしました。

pro-.jpg

↑材料その1…プロポリス 巣箱のすき間にくっついたものを、ヘラでゴリゴリはがしたものです。はがした直後はねちゃっとした感じでしたが、今は固くなっています。

sake.jpg

↑材料その2…アルコール 「ホワイトリカー程度じゃダメ。度数の高いのじゃないと」なんだそうです。薬局で売られている薬用アルコールは、実際は処方によっては飲んでもかまわないものもあるらしいのですが、やはり口に入れるものなので飲用表記のないものはやめておくことに。結果、度数96%、世界で最も強い酒「スピリタス」を用意しました。これだけ度数が高ければ、いざというときは燃料になりますね。


抽出法は、簡単! プロポリスをアルコールに浸けるだけだそうです。
時間は数ヶ月から一年ぐらいかかるということなので、まあ気長に待つことにいたしましょう。
うまくいったら、プロポリスキャンデー作りたいなあ。
bin.jpg






  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

はちみつ美容 :: 2011/12/12(Mon)

mitsu-b.jpg

唇の荒れと乾きにハチミツを。
乳液用のボトルに入れれば、持ち歩きもできます。

これにもかわいいラベルを作りたい。
そして、女子たちにプレゼントしたい。

「ほんと、高いリップクリームより効くの! だまされたと思って試してみて」

私の布教活動はまだまだ続きます。だって「ミツバチ伝道師」ですから。

食べるわけではないのに自分のハチミツを使うなんて、もったいない。
だから、美容用に中国産の安いハチミツを買ってみました。
ちょっと嘗めてみたけど、あんまりおいしくない。
味が落ちると、美容効果ってどうなんだろう?
  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

はちみつ美容 :: 2011/12/06(Tue)

肌はそれほど乾燥肌ではないのですが、冬になるとくちびるが乾いて荒れるので困っていました。

まめにリップクリームをつけるようにしたり、やや高価なリップクリームを使ってみたりと、あれこれ試してみましたが、効果は今ひとつ。皮膚科に行ったほうがいいのかと思っていたのですが、びっくりするほど簡単に治りました。

方法はただ一つ! リップクリームの代わりにハチミツを塗ってみるだけ。

え~、こんなことで!?

嘘みたいですが本当です。

「ハチミツ美容」って、聞いたことはあるけど、高価なハチミツを食べずに使うなんて、もったいないと思っていました。でも、かなりいい値段のハチミツだって、リップクリームに比べれば安いもんです。使うのなんてちょっとだけだし。

それにしても、ハチミツそのままのほうが効果があるなら、人が手間ひまかけて作っている化粧品って、なんなんだろう? 人の苦労はハチの創作物に如かず。

hachimitsu-k.jpg

↑クリームのケースに入れて持ち歩いたら、化粧ポーチがベトベトになりました。これは失敗。こういうケースはハチミツのように流動性の高いものを持ち歩くのに適していないようです。別の手を考えます。



  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。