生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

映画にハチが出てきた :: 2011/01/05(Wed)

正月映画は、できれば大スクリーンで大作を見たい。
そんなオットの希望で、今年の初映画は「ロビン・フッド」、有楽町マリオンで見てきました。
robin-hood-ii-5.jpg


私はそれほどこの映画を見たかったわけではない(むしろ「バーレスク」が見たかった)のですが、でも「ロビン・フッド」に行ってよかった!
だって、この映画には「ハチ」を飼う人が出てくるのです。

舞台はイギリス、獅子心王と呼ばれるリチャード一世の時代だから、たぶん12世紀。
ハチをこよなく愛する神父が、藤を編んだカゴのような入れ物でハチを飼って大活躍。このカゴって、夏に見たブリューゲルの絵画にも出てきてましたっけ。
思いがけず意中の人に出会えて大満足の私。
もちろん、マリアン姫もおきれいだし、イギリスの風景も美しいしで、お正月映画としては大満足でした。

キーになるセリフもかっこよかった。
「幾度も立て! 子羊が獅子となるまで」
これを i-padの裏に刻印してもよかったかも!

スポンサーサイト
  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<めでたくはじけました! | top | 番外編 きもの日記 「おはつ!」の正月着物>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikimonotachi.blog10.fc2.com/tb.php/978-136787ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。