生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

なぜハチを飼いたいか? F先生の養蜂場を訪ねて :: 2010/09/29(Wed)

KENGAKU-YO.jpg

↑都市養蜂の会、見学会にて。これは「遠心分離機」ですよ。

私の「ハチ飼いたい熱」に火がつき、都市養蜂の会に参加するようになったころ、仕事のほうでハチミツがらみの状態はまだまだ続いていました。その関係で、東北の養蜂家F先生の養蜂場を訪ねることに。思えばラッキーな出張です。

先生は何カ所かある養蜂場のうち、いちばん遠い場所まで案内してくださいました。
市内から、車で行くこと2時間半。
山の中の静かな場所です。
市内の養蜂場と山の中の養蜂場、標高の違う場所でハチを飼うことにより、収穫できる蜜の種類や時期が違ってくるのだとか。ちなみに、山の養蜂場ではトチ蜜がいいんだそうです。

養蜂場のすぐ下から水音が聞こえるので見てみたら、きれいな川があって、カイツブリの親子が泳いでいるのが見えました。
ああ、すてきな場所。
先生が言うには、「採蜜は早朝からしなければいけない仕事なので、どんなに忙しくても昼ぐらいには終わります。そうしたら、時間があるときは川で泳いでから帰ることもあるんですよ」。

カイツブリのいる川で泳いで帰る!?
なんて素敵な職業! 都会でやっても素敵だし、山でやっても素敵だわ!

と、またまた脳天を打ち抜かれていたのですが、その気持ちを冷ますようなことを、先生がいいました。

「でも、田舎で養蜂をするには大変な時代です。
こういう場所よりも、むしろ東京都心のほうがハチを飼うのにむいているのかもしれないですよ」

ええ、それってどういうことですか……?


*もともとブログに書こうと思って取材したわけではないので、先生の会話などは私の記憶に基づいて書いています。概ね間違いはないとは思いますが、細部については正確でないところもあるかもしれないので、ご容赦ください。



スポンサーサイト
  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<久しぶりの草取り | top | 珍しく六本木へ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikimonotachi.blog10.fc2.com/tb.php/937-ea37a34a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。