生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

おかいこ様 (3) :: 2005/10/13(Thu)

 小学校のときに学校でカイコを飼育したことのある人は多いのではないでしょうか? 私も飼った経験はあるのですが、幼かったせいか記憶が不確かなのが残念です。それでも頑張って思い出してみると……
・当時私は千葉市に住んでいた。
・近くの山に「ヤマガイコ」と呼ばれるものの卵を取りに行った。そのときは男の先生(たぶん理科の先生)と一緒だった。
・カイコの卵は、生徒二人に一つずつ。かき氷を入れるようなスチロールのカップに入れて飼った。
・私のかいこは、卵からふ化して数日後に亡くなってしまった。
・繭をつくって蛾になるまで育ったのは少なかった。確かクラスで二匹ぐらい。

おお、だんだん思い出してきました。ヤマガイコと呼んでいたのは、たぶん「クワコ」という野生のカイコだと思われます。私の育てていたのはわりとあっけなく死んでしまって、がっかりしたし悲しかった。でも死なせてしまったのは私だけじゃなくて、結局クラスの大半のカイコが繭を作る前に死んでしまったのでした。
 それに対して担任だった女の先生に「あなたがたは生き物の命を大切にしない。どうしてちゃんと面倒を見ないのですか?」みたいなことを言われたのも思い出してきました。
 でも、今考えるとこれってひどいと思うのですよ。野生の昆虫を卵から育てたとき、無事に成虫になる確率って、それほど高くないはずです。個体の問題もあればエサの問題もあるわけだし。先生は命の大切さを教えるいい機会だと思ったのかもしれないけど、科学的な考え方を無視して道徳の話にすり替えるというのはいかがなものでしょうか?
 「私が親だったら、教師に文句言っちゃう!」と同僚に話したら、「あら、そんな理不尽さは日常茶飯事でキリがないわよ」と言われました。小学生も親も大変ですなあ。
つづく(不定期連載)

DSC01664.jpg

↑バケツ田んぼがずいぶん実ってきました。
スポンサーサイト
  1. かいこ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ムートン | top | カラタチ落葉>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikimonotachi.blog10.fc2.com/tb.php/89-35f8884d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。