生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

大蛇をまとう :: 2010/02/03(Wed)

東海地方の某動物園に行ってまいりました。
ここのウリは、動物ふれあいコーナーで大蛇のスキンシップを楽しめること。
恐る恐るですが、私もチャレンジしてきました!

大蛇というのは4メートルほどもあるインドニシキヘビのキョウコちゃん(なぜ?)。
長さだけでなく、太さもかなりのもの。最初見たときは、そのボリューム感に驚きました。

「首にかけてあげるから」
と飼育係さんはおっしゃいますが、首の悪い私が果たしてこんな重そうなものを首にかけてよいものでしょうか? 不安になります。
それでもがんばってかけてもらうと……確かに重いは重いのですが、うろこの感触が気持ちよいのでした。

飼育係さんによると、「ヘビほど、ふれあった前と後とでお客さんの反応が変わる動物はいません。顔を背けていやがっていた人が、触ったとたん嬉しそうな顔になったり……」
確かに。善きにつけ悪しきにつけ、人の気持ちを大きく動かす存在であることは間違いないようです。

あとで写真を見ると、ヘビを巻いた私の顔はなぜか得意気。
そういえば、飼育係さんがヘビを巻いて登場したときも、なんだか得意気に見えました。
「ワレ オソロシキモノヲ テナズケタリ」みたいな気持ちになるのでしょうか?

キョウコちゃんは、よく飼いならされた、とってもおとなしい子なんですけどね。

*今回の写真は、お嫌いな方もいらっしゃるかもと思って「続きを読む」に入れました。興味のある方のみ、覗いてみてください。

100201.jpg

↑珍しさと心地よさについ楽しんでしまったけど、でもやっぱりヘビって、怖がるほうが生物として普通のような気もします。こういいうの喜んでしまうのって、「野生が壊れた都会人」の証拠なのかな? ちょっと複雑な思いも抱えつつ写真をアップしました。
スポンサーサイト
  1. その他の生き物
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<< 番外編 きもの日記 ~長手袋の話~ | top | 雪でした。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikimonotachi.blog10.fc2.com/tb.php/868-606803ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。