生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

我が着物クロニクル(27)問題の着物 :: 2007/02/12(Mon)

20070212225130.jpg

↑買ったときは、この着物とこの帯との組み合わせででした。でも、なんだか渋いという気がして、最近はこの組み合わせでは着ていません。この着物は、もう少しかわいらしく着たいように思えるので、白やピンクの帯と合わせています。もう少し年をとったら、このコーディネイトが再登場するかもしれません。

「ちょっとした日常にも着物を着るぞ!」
と、勢い込んで着物を買ったはいいのですが、いろいろと問題が起こってしまいました。
なにが問題だったのかというと、寸法のこと。母から呉服屋さんに寸法を伝えてあったにもかかわらず、全然わたしの体にあっていない大きな着物ができてしまったいたのです。ただ、母のところを通さず直接私のところに持ってきてしまったので、着物のことをほとんど知らない私が寸法の間違いに気づいたのは、ずっと後になってからでした。

「身ごろが背中まで回っちゃうわよ。おかしい!」
と着付けを教えてくれた人に言われて確かめてみたら、やっぱり大きすぎるようでした。丈も幅もどちらもです。

すぐに直してもらえればそれほど不愉快な思いをしなくても良かったのですが、お店の人は「身ごろは確かに大きいけど、身丈はこんなもんですよ」とか言って、直してくれたのは幅だけでした。
今ならおおいに反論するところですが、当時は私もそんなものかと思い、それで持って帰ってきてしまいました。
でも、やっぱり大きいんですよ。身長154cmの私が着るのに、身丈が163cmもあるんですから、どう考えてもおかしい。

けっきょくこの着物は、色も柄もすごく気にいっているにもかかわらず、寸法があっていないために着付けがしにくくて、今まで数えるほどしか着ていません。もったいないなあ。
明らかにおかしいと気づいた今、もう一度直させてもいいとは思うのですが、不誠実な相手とまたかかわり合う気にもなれず、そのまま今日に至るという感じです。

着物ライフに入ろうとした最初の買い物、しかしなんだか私にとっては、呉服屋さんに対する不信感を植え付けられるような経験になってしまったのです。


スポンサーサイト
  1. きもの日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<きれいになった自転車 | top | 実家の庭>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikimonotachi.blog10.fc2.com/tb.php/412-b7adba37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。