生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

我が着物クロニクル(19) お気に入りの江戸小紋 :: 2006/11/14(Tue)

 社会人になって少したったころ、私は実家を出て都内で暮らしはじめました。最初は大学時代の同級生とのルームシェアリング生活。その後、単身者向けの公団住宅に当たり、隅田川ぞい15階、眺めのいい部屋での一人暮らしの始まりです。

 このころ、私はもう一枚着物を買ってもらいました。母が仕事で都内あちこちのデパートに出入りしていたということで
「今なら三越で社販価格で買えるから」
と、手に入れてくれた江戸小紋です。
「すごくいいものが、安く買えたのよ! お母さん、目利きなんだから」
と、たいそう母はご満悦でした。
実際、これはなかなか良い買い物だったようで、これを着ていればどこにいっても褒められました。地味な着物ながらも、色といい生地の心地よさといい、どこか華やかさが感じられて、私にとっても今でも大切な宝物です。

ところで、一人暮らしを始めたものの、相変わらず着物に関しては親任せで、着物は実家で管理してもらい、結婚式があるときは実家に帰って着せてもらっていたのです。母に都内まで出てきてもらって着せてもらったこともありました。
「一人暮らしは自由でいい」
と言いながら、都合のいいところは頼ってばかりいたのでした。

20061114232652.jpg20061114232633.jpg20061114232610.jpg
↑このころの写真を見ると、なんだかやたらと小物がハデです。地味めの着物を若い娘らしくしようと、母が苦心した結果なのでしょう。

20061114233239.jpg

↑八掛に入っている「萩の花」が、女ゴコロをくすぐります。

スポンサーサイト
  1. きもの日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<本の話ー動物感覚ー | top | 見上げるペロちゃん>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikimonotachi.blog10.fc2.com/tb.php/367-add905c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。