生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

我が着物クロニクル(2) 悲しき七五三 :: 2006/09/08(Fri)

20060908231014.jpg

 上の写真は、私の七五三の写真です。7歳のときですね。
しかし、この着物にはなかなか苦い思い出が詰まっているのです。

 きれいな着物を着るのは女の子の喜び、幼い私にとってもそうでした。
用意してあった着物は、白い綸子の振り袖です。キラキラと光る生地が美しく、バッグや髪飾りなどの小物もかわいらしい! ああ、お姫様みたい!
 しかし、七五三の当日、着物を着せてもらって鏡を見ると……なんだか、イメージと違うのです。悲しいことに、その原因が着物ではなく自分にあることは明白でした。
 当時の私は、ほとんど「坊ちゃん」と言ってもいいほどの短髪で、これは私の母が「子どもの長髪は不潔!」と考え、耳の上までぐるりと刈り込んでしまっていたからです。さらに、いつも外で元気に虫捕りなどの遊びに興じていたため、色は真っ黒。つまり、山ザルだったのですね。
 そして白い綸子は、もっとも山ザルが着てはいけない着物でした。白い光沢が、色の黒さをより際立たせ……。
 子どもながらに、この着物が似合っていないという事実に気づいてしまった私、自分は物語の主人公ではないと知りはじめたのは、この七五三がきっかけだったような気がします。

 あれから数十年、改めてこのブログを書くために写真を見直してみて……うーん、本当に似合っていない。うちの親も娘の容貌をよく見て、せめて白だけはやめて欲しかった! ……っていうか、女の子の髪をあんまり短く刈り込まないでほしかったよ!

次回は「昭和の子どもはウールのお対」


スポンサーサイト
  1. きもの日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<欲と二人連れ | top | 新連載! 我が着物クロニクル(1) ーはじめにー>>


comment

こんにちは!きーろんさん的ユーモアあふれる文章によるきものがたり、楽しく拝読いたしました。新連載楽しみです。私も同じような写真があります。真っ黒な顔にショートヘアできもの着ています。
  1. 2006/09/11(Mon) 15:39:16 |
  2. URL |
  3. 月子 #-
  4. [ 編集 ]

月子さんへ

わーい! ようこそお越しくださいました。
新連載といっても不定期なので、ぼちぼちのぞいてくだいね。
ショートヘア問題については、未だに納得いかない気持ちが残っています。やっぱり三つ編みとかリボンとかしたかったですよね。
  1. 2006/09/13(Wed) 00:30:36 |
  2. URL |
  3. きーろん #t50BOgd.
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikimonotachi.blog10.fc2.com/tb.php/322-95a157b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。