生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

窓辺の花 :: 2006/08/07(Mon)

20060806234954.jpg

2階の窓辺の花を新しくしました。ポーチュラカです。

 ヨーロッパの町並みなんかにあるように、「窓辺に飾る花」っていうのに憧れてました。それで、今の家に引っ越してまず試してみたんですが、最初はどんな花が適しているのかわからず、失敗続きだったのですよ。

1)最初は、クロッカスの球根なんて植えてみた。
→しばらく育てて花が咲いたが、あっという間に花期が終わってしまった。それで、しばらく咲き続けるような種類の花を選ばないといけないんだと悟りました。そして……

2)ビオラとスイートアリッサムを植えてみた。
→これは正解。しばらく咲き続けてくれて大満足でした。やがてビオラとアリッサムの季節も終わり、次に……

3)ランタナを植えてみた。
→しかし、ちょうどこのころ急に忙しくなり、水やりを怠って枯らしてしまう。窓辺の花って乾きやすいんですね。そのまま寒くなって、枯れたまま春まで放置。窓辺を寒々しい状態にしてしまった。もう鉢がないほうがましなぐらいです。そしてまた春が来て……

4)タイム(花つき)を植えてみた。
→これは失敗。紫色の小さな花は、遠目がきかず、パッとしない感じだった。しかも花期も短い。タイムは別の場所に植え替え、また別の花を植える。今度は……

5)ディソニアを植えてみた。
→黄色い花がかわいかったので選んだのですが、これは見た目はいいけど、なぜか株ぜんたいの元気がなくなってきてしまった。しかたなく別の鉢に植え替え、管理しやすい地上に移す。そして、

6)6代目が今回選んだポーチュラカ。
 遠目もきくし、花もどんどん咲くようだし、なかなか良い感じではないですか!

 ところで、この間「ヨーロッパの窓辺」みたいな写真集を見ていたら、あちらの窓辺を飾るのは、たいていゼラニウム(+何か他の花との寄せ植え)なんですね。私、ゼラニウムって今ひとつ好きじゃなかったのですが、これが写真で見る限りとても素敵に見える! この「窓辺にゼラニウム」問題についてはいろいろ調べてみましたので、またいずれ書いてみたいと思っています。



 

スポンサーサイト
  1. お花
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<窓辺の花(2) | top | ホタルの光>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikimonotachi.blog10.fc2.com/tb.php/298-5db95b2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。