生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

見知らぬ住人 :: 2006/07/11(Tue)

 たらい池をぼおっと見ていたら、驚くべき生き物発見!
入れた覚えもないのに、なんとゲンゴロウの幼虫が泳いでいるのを見つけてしまいました。
 ご存知ない人も多いと思いますので、説明します。
ゲンゴロウの幼虫は、親と全然似ていません。
親がまるっこいのに対し子どもは細長く、しかも親よりも体長が長い。だから、知らない限り、ゲンゴロウとはとても思えません。
DSC02938.jpg

↑写真がないので絵をかいてみました。体長4~5cmぐらい。今の時点では白っぽい。

DSC02939.jpg

↑龍のように体を波打たせて泳ぐ。龍でなければ一反木綿のような感じ。

 なんで、こいつが私のたらい池にいるのか考えてみると……
1)先月、山奥の湿地へ行った。
2)オモダカという水草をとって帰って、たらい池に植えた。
あのへんはゲンゴロウけっこういるから、卵か幼虫がオモダカについていたのでは?
調べてみると、ゲンゴロウは卵を水草の中に産みつけること、私が水草をとった時期がちょうど産卵後の時期にあたることがわかりました。いやあ、こういう虫の細かい成長過程とか調べるのに、ヒトさまのブログって役にたつなあ。
 しかし、ゲンゴロウの幼虫ってけっこう危険な生き物なんですよね。
ゲンゴロウの幼虫は獲物にかみつくと同時に消化液を注入し、肉や内蔵を溶かしてすすりこむとか。人が指をかまれたときに、骨が変形して指が短くなってしまうこともあるそうです。不用意にたらい池に指をつっこんだりしないように気をつけなくては!
 しかし、ヤツがいるということは、メダカの稚魚はずいぶん食べられているんだろうなあ。そして、何匹もいる可能性も高いなあ。
 だんだんすごいことになってきた、たらい池、ますます目がはなせません。



スポンサーサイト
  1. 金魚/メダカ/水辺の生き物
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<ヤモリのヤモちゃん(4)さらばヤモちゃん | top | こんなん作りました>>


comment

ちょうどこないだ生物図鑑でゲンゴロウいいなーと見ていたところでした。
人間の指や骨を溶かすくらいの消化液ってものすごいことだとおもいます。(もしそれが本当ならば)
そんな虫はアマゾンやその他人間がはいりこめなそうな奥地でない限り見つけられないとおもいましたが、身近にもありえるのですね。
今後の展開を楽しみにしています。
  1. 2006/07/12(Wed) 09:13:08 |
  2. URL |
  3. gogomexico #-
  4. [ 編集 ]

ホンモノのゲンゴロウを見たことありません~!
幼虫もなんかすごいですねー(^o^;) めっちゃ見てみたいっ!
(でもちょっと怖いっすね…)
無事成虫まで育つと良いですね~

  1. 2006/07/12(Wed) 17:49:48 |
  2. URL |
  3. ゆっち #TY.N/4k.
  4. [ 編集 ]

gogomexicoさま

 ゲンゴロウの成虫は、確かになかなかおもしろいですよ。でも、外で飼ってると、飛んでどこかに行っちゃうんですけどね。消化液の話は、本で読んだだけですが、恐らく本当だと私は思います。だって、自分よりはるかに大きい生き物をやっつけちゃうんですよ。
  1. 2006/07/13(Thu) 23:22:58 |
  2. URL |
  3. きーろん #t50BOgd.
  4. [ 編集 ]

ゆっちさま

ゲンゴロウの幼虫、怖いですよ~。前によく知らないで水槽で飼ってみた、ほかの生き物がどんどん消えていくのでびっくりしました。でも、絶滅が心配されている虫の一つなんだそうですね。
  1. 2006/07/13(Thu) 23:24:48 |
  2. URL |
  3. きーろん #t50BOgd.
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikimonotachi.blog10.fc2.com/tb.php/284-a04b1d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。