生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

干し柿づくり :: 2005/11/20(Sun)

会社の O さんに渋柿をいただいので、今週末は干し柿づくりに励むことにしました。

20051119231848.jpg

↑これが渋柿です。

Nov19_1746.jpg

↑ピーラーでむくと早い。柿はぬるぬるして滑りやすいので、ナイフより安心です。

Nov19_1743.jpg

↑皮をむき終わりました。

DSC02013.jpg

↑枝のところにひもを結んで干します。ちなみに、干し柿用の柿は、ひもをゆわきやすいように、Tの字に枝が残るように切るのです。

DSC02011.jpg

↑ぜんぶ干しました。

 柿はぜんぶで28個。始めてから干し終わりまで2時間弱、一人で作業するにはちょうどいいぐらいの量でした。干し柿づくりは今年で3回目なので、ある程度手順は理解したうえで取り組めました。手に柿渋がつくので濡れぶきんを用意しておくこと。最初に柿の数を数えて時間の見積もりをたてておくこと、ひもはあらかじめ必要な分だけ切っておくなど、前2回の反省をふまえて効率よくすすめられました。
 ちなみに渋柿を少しだけ食べてみると、「甘みがなくて渋い」のではなく、「甘いのにそれを上回る渋みがある」のが渋柿なのだとわかります。
 私のまわりには柿好きのおじさんが多く、「真にうまい柿は甘柿ではない! シブをぬいた渋柿こそがうまいのだ」と熱く語っていました。
 これからしばらく、この「生き物日記」で、干した柿の変容の様子をお知らせしていこうと思っています。
スポンサーサイト
  1. 干し柿
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<干し場所移動 | top | 番外編 きもの日記 ー働きものコスプレー>>


comment

柿について

こんにちは!
映画バトンの件了解しました。
なんとか記憶を探って書いてみますので、
多少お時間ください。
去年、我が家でも弟が干し柿を作っていました。
当初は順調だったのですが、「そろそろ・・・」という頃に
結構な数が、野鳥の冬の食料に!
外に干す場合は鳥注意かも。(老婆心ながら)
  1. 2005/11/21(Mon) 12:32:42 |
  2. URL |
  3. たこQ #-
  4. [ 編集 ]

たこQさま

今はまだ渋いので鳥もねらわないと思うのですが、甘くなってきたら注意しなくちゃですね。
毎日少しずつ味をチェックしていこうかな?
  1. 2005/11/21(Mon) 23:02:44 |
  2. URL |
  3. きーろん #-
  4. [ 編集 ]

きーろんさん、こんにちは。

柿、だ~い好き♪
果物の中でスイカと柿は二大好物です。
なにせ、柿が食べたくて包丁の使い方を覚えたくらいなので♪

渋柿しか知らなかった私。さわした状態の柿を見た、関東在住の友達に、「そんなにまでして柿を食べたいの?」と言われて、???と思いました。

渋抜け切らない柿。間違って食べるとうーん、甘いけど、口の中がシブシブ~。 あれ以上のを食べたんだろうな(笑)。

干し柿になるまえに食べてしまいますが、たまに干し柿も食べたいな。 あ~ん♪♪
  1. 2005/11/23(Wed) 15:50:11 |
  2. URL |
  3. ひらぽん #-
  4. [ 編集 ]

ひらぽんさま

私はふつうの柿はそれほど食べないのですが、「干し柿」はすごく好きなんですよ。ところで、北のほうは「甘柿」がならないってこと、私最近知ったんですよ。
  1. 2005/11/23(Wed) 22:39:18 |
  2. URL |
  3. きーろん #t50BOgd.
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikimonotachi.blog10.fc2.com/tb.php/120-82c2097c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。