生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

帯揚げ染め体験記 :: 2012/03/26(Mon)

わりと近くに呉服屋さんがやっている和カフェがありまして、曜日によっては絞り染め教室なぞもやっているようです。
長襦袢の生地や着物地を染めてみるのも楽しそう。でも、これ以上やること増やしてもこなしきらんし……

と思っていましたら、1時間ほどでできる「帯揚げの桜染め体験」の催しがあるとのこと。
これなら手軽そうなので、試しに行ってみることにしました。

1-sakura.jpg
1)縁側に、咲き始めた桜の枝が生けてありました。「これを使うのかしら?」と思っていたら、「去年、花屋からこういうの取り寄せて使ったら、赤字になっちゃんだよね。だから、今年は桜チップを使います。」とのこと。面白すぎる!

2-sakura-chip.jpg
2)これが桜チップ。薫製用にホームセンターなどで売られているものだそうです。

3-akane.jpg
3)植物染料の「茜」もちょっとだけ入れます。少し入れるだけで桜の色みを引き出すのだとか。このほか、媒染剤にミョウバンを使います。

4)染めの模様は、サンプルを何種類か見せてもらって、好きなのを選びます。

4-iron.jpg
5)帯揚げの生地を、三つ折りにしてアイロンをかけていきます。

sankaku.jpg
6)ジャバラになるように、三角に折っていきます。

waribashi.jpg
7)2本の割り箸ではさんで、輪ゴムでしっかり留めます。

someru.jpg
8)これを、桜と茜を煮出した液に浸けて染めます。

arau.jpg
9)ミョウバン液に浸けてからまた染め、終わったら水洗い。

作業はこれで終わりです。あとはビニール袋に入れて持ち帰り、干して出来上がりです。

some.jpg
10)合間に、もっと本格的な絞り染めの作品も見せてもらいました。かわいい!

さて、こうして楽しく染め上げた私の帯揚げ。どうなったでしょうか?

1-kansei.jpg

ちょっと暗いところで撮っちゃったからわかりにくいけど、こんな感じです。模様は不揃い。だけど、なかなかかわいい。色は、ややオレンジ色がかったベージュ色です。

完成度はともかくとして、もののしくみを知りながら何かが作れるって楽しい!
これ以上趣味を増やすのもどうかと思うけど、いつか着物地を染めるのもやってみたいと思うのでした。





















スポンサーサイト
  1. きもの日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<キャベツ栽培中 | top | にゃ~た君のその後>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikimonotachi.blog10.fc2.com/tb.php/1126-2173e7e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。