生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

生き物思い出 ーニワトリー :: 2012/01/25(Wed)

人生最初の、生き物との触れ合いってなんだったっけ?

仕事上の必要もあってよく考えるのですが、記憶はおぼろげではっきりしません。

はっきりしないながらも、一度書き起こしておこう! 
ちょうど書くことの少ないシーズンだし。

……ということで、まずはニワトリの話です。
自分自身で覚えていることと、他人が語ってくれたこととがありますが、いちおう区別して書いていこうと思っています。
ukokkei.jpg

↑これは烏骨鶏。福岡に行ったときに、意外なほど町中で飼われているのを見つけました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2歳から4歳まで、岡山県で暮らしていました。
私にとって「物心ついたとき」というのは、この年代です。
意識化された記憶のうち、いちばん古いものがこの土地でのものだからです。

私の記憶にあるのは、日当りのいい小さな一軒家。
豆のサヤのすじを取るように母に言いつけられて、カゴを抱えて庭に出ると、白い羽に赤いとさかのニワトリが寄って来ます。
どこかに腰を下ろし、スジをとって投げると、ニワトリたちがついばみ始めました。
それが面白くて、何度もやる私。

これは、わりとはっきり覚えている記憶です。
家の用事を言いつけるには年齢的に少し幼いような気がしますが、たぶん頼まれたのは2歳上の兄で、私は兄にはりついていたのでしょう。
逃げまわった記憶がまったくないので、私はたぶん当時からすごくニワトリがすごく好きだったのだと思います。

どうしてこのニワトリを飼うことになったのか、最近になって母からその話を聞きました。ちょっと愉快なエピソードだったので、それは次回に紹介したいと思います。
スポンサーサイト
  1. 生き物思い出
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<生き物思い出 ーニワトリその2ー | top | キャットショーに行ってきました!>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikimonotachi.blog10.fc2.com/tb.php/1110-542cb6c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。