生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

作兵衛さんのこと :: 2011/11/20(Sun)

九州に行ったら、行きたいところがありました。

炭坑節発祥の地と言われる田川市石炭歴史博物館。
ここには、山本作兵衛さんの絵があるのです。

sakubeesan:gazo


7歳から炭坑で働いてきた作兵衛さんが、炭坑の生活を伝える絵と文を本格的にかき始めたのは、60歳をすぎて炭坑が閉山してからといいます。
消えていくヤマの暮らしを、家族を伝えるためにかいたのだとか。

すべてのものは消えていくこと。
でも人は、それを痕跡だけでも残しておきたいと願うこと。
作兵衛さんの絵を見ていると、絵や文とは本来そのようなものではないかという気持ちを抱いてしまうのです。

作兵衛さんの絵や日記などの関連資料は、炭坑の暮らしを労働者の側から伝える貴重な資料として、世界記憶遺産として登録されています。




スポンサーサイト
  1. 本の話 生き物、または着物を中心に
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<勝手にプロデュース | top | 兄弟の体格>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikimonotachi.blog10.fc2.com/tb.php/1091-4735b513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。