生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

ミツバチ王国の再興 :: 2011/09/11(Sun)

>raberu-joo.jpg
↑女王バチは、このように送られてきます。ちょっとビックリしますが、長い間に確立したノウハウのもとに行われているそうです。

新しい女王バチが入ったカゴを巣箱に入れて、4日が過ぎました。
新女王バチが働きバチと馴染んでいれば、女王をカゴから出して巣箱に入れ、産卵を開始してもらいます。

ハチやさんのメモには、次のように書いてありました。
王篭を引き抜き王篭外に付いている働き蜂に向け、息を吹きかけて下さい。息を吹きかけすんなり移動するようであれば、馴染んだことになります。

やってみると、はなれない!
馴染んでない? 息が弱いのか? もう少し強く吹いてみる。でも、やっぱり離れません。

馴染んでいないとすると、考えられる理由があります。

巣の中をもう一度精査してみると…いました。

やはり新女王バチが誕生し、産卵を始めていたのです。

8月27日にチェックしたときに女王候補のサナギが育ったあとがあったので、新女王誕生の可能性も考えてはいました。ただし、女王は交尾をしないと産卵を始めないので、結婚飛行に出てもどらない限り、真の女王になることはできません。
雄バチの少なくなっている今の時期に、果たして結婚飛行が成功するのか?
もし不成功を確認してから女王を購入したのでは、間に合わないかもしれない。
ハチやさんに相談した結果、新女王購入を決めたのですが、結婚飛行は成功し、巣から育った女王が産卵を開始していました。4日前にはいなかったので、その間に結婚飛行をしていたのかもしれません。

無事に産卵が始まったことで、再興への一歩を踏み出したといえるものの、問題は女王が二匹いることです。

せっかく来ていただいたのに、失礼なことになってしまいました。

「王篭に入れて巣の中に吊るしておけば、当分は2匹めの女王も大丈夫ですよ」
というアドバイスをもらい、そのようにさせてもらいました。
目下、幽閉された客分の女王という感じです。

さあ、二匹目の女王の管理と群れの再興、成し遂げられるのでしょうか?


スポンサーサイト
  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<やさしい気持ち | top | 内ネコ外ネコ>>


comment

面白いです

ムツゴロウの動物日記のような観察と意外な発見があり、面白く読ませていただいてます。
農村部に移住しそうな様子も、同じでしょうか?
  1. 2011/09/13(Tue) 20:57:18 |
  2. URL |
  3. 小夏 #-
  4. [ 編集 ]

小夏さま

ありがとうございます。
農村移住…確かにいつか実行するかもしれませんが、今のところは「えっ! 都内でこんな生活してるの?」てなことを実践していくのがテーマです。
乞ご期待を。
  1. 2011/09/15(Thu) 23:33:41 |
  2. URL |
  3. きーろん #t50BOgd.
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikimonotachi.blog10.fc2.com/tb.php/1068-0b60da43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。