生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

陽気な服 :: 2012/05/30(Wed)

新しい服を飼いました。

hebigara.jpg

ボーダーと見せかけて、実はヘビの柄。

こんな遊びのある服が、私は好きです。
もてなさそうな服だけど。
スポンサーサイト
  1. 生き物アクセサリー
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

復活! アシナガ王国 :: 2012/05/27(Sun)

 巣を移動して戻れなくなっていたはずのアシナガ女王バチ、なんと再び巣に戻っていました。

120527.jpg

どうしよう? でも嬉しい!

「すぐに撤去したほうがいい」
確かにそういう声も多いのですが、でもその一方で

「ああ、ベランダに巣ができてたから、子供が毎日観察日記つけてたよ」
「ベランダに15cmほどの巣をつくってたけど、私もネコも洗濯物もみんななんともなかったですよ」

そういう人たちもけっこういるんです。
刺されるときと刺されないとき、違いは何?

あくまで私の仮説だけど、ハチの仲間はけっこう学習能力が高いので、毎日人が覗いても危害を加えないとわかれば、もうそのまま共存してしまうのではないかと。

少なくとも、今の段階では30cmぐらいまで近づいても、威嚇されることも攻撃されることもありません。

  1. 害獣虫
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

どうする!? アシナガバチ :: 2012/05/22(Tue)

アシナガバチの巣をどうしよう!!!???

と迷っていたら、すでにオットが庭の反対側にアロエの鉢ごと移してくれていました。

「でも、女王は巣の場所がわからなくなったみたい」

ということは、結果的に撤去したも同然。

仕方ない?ほっとした? いやそれとも、がっかり!?

自分でもよくわからないまま、アシナガバチの巣問題の決着はついてしまったのでした。
  1. 害獣虫
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

メイちゃんとネコ :: 2012/05/21(Mon)

120519-1 mei

この写真には、人間のほかに動物が二匹写っています。
え~、どこ? と思われた方は「続きを読む」をクリック願います。 続きを読む
  1. 借りてる農園
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

どうしよう!? アシナガバチ :: 2012/05/17(Thu)

120517 ashinaga

庭のアロエに、アシナガバチが巣を作り始めました。
不安定そうなところに、まあ!

それほど攻撃性は高くないと聞いたので、巣が大きくなっていく様子を観察して楽しもう!
そう思っていたけど、問題はこの場所。
隣家の敷地から40cmぐらいしか離れていない場所。
ここはまずかろう。
反対側に移したいけど、攻撃されないかしら?
そう思ってハチに詳しい人に相談したところ、撤去をすすめられました。

「秋に向けて巣が大きくなると、ハチの出入りも多くなるよ。今のうちだよ」

う~ん、そうですか!? そうなのかあ。

なんとなく、諦めきれないんですけど。

  1. 害獣虫
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

ヤブガラシマルチ :: 2012/05/16(Wed)

「バラの株もとには、雨のはねかえりを防ぐため、バークチップやわらなどを敷くと良い」

…と、ものの本には書いてありましたけど、ええ? 効果あるの? 
それに近所にバークチップとかわらとか売ってない。

しかし、近ごろ畑関係の本を読んでいて、「抜いた雑草なども、マルチ(土を覆うもの)として利用できる」という一文を見つけてしまいました。これでいいんじゃない?

毎日必死に抜いているヤブガラシ、これならほどよく固くて稲わらっぽい!

yukibutuma.jpg

敷いてみました。よい感じ。乾くとかさが減るだろうから、もう少し足したいです。
なんだか俄然、草取りのやる気が出てきました。

使えると思うと抜くのも楽しくなります。エコってやつでしょうか?

  1. お花
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

園芸屋のおばさん :: 2012/05/15(Tue)

借りてる畑のちょっと先には園芸屋。
これは便利と喜んでいたのに、ここのおばさん、なぜかいつも快く品物を売ってくれません。

ブルーベリーについて聞くと、「鳥が食べちゃうのよ~。大変よ!」。

なぜ? 育ててもらうために売ってるんじゃないの?

ついこの間も、トウモロコシの種を見ていたら、「トウモロコシ、う~ん?」と訝しげにしているので、
「あ、難しいですか? 苗から育てたほうがいいですか?」と聞いたら、「種からやるのは、遅い!」。

え~、袋に「まき時 5月~7月」って書いてあるんですけど。

「野菜の苗は、もうこれしかないのよ」

あ、入荷は一度きりなんですか……? しかし、なぜあんまり売りたくなさそうなんだろう…。

「トマトかナスは…? ああ、あんたのとこの畑はしばらく何もやってないから、連作障害はないわね」

あ、面が割れてるんですね。わかりました……。では、トマトとナスをお願いします。

「今日、植えてくんでしょ。ああ、待って。持ってく前にドブづけ(土ごと水に浸すこと)しといてあげるから。あと、今日中に支柱立てとかないとダメよ。」

もしかして、意外と親切…?

しかし、最後に「ボリジももらえますか?」と聞いたら、
「地植えだと、大きくなるわよ~。あんまりかわいくなくなっちゃうのよね~」とのこと。

なぜ?なぜ? 快く苗を売ってもらえないのか?

これからお世話にならないわけにはいかないお店は、不思議でいっぱいの園芸やさんなのでした。

  1. 借りてる農園
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

鉢を猫から守る :: 2012/05/13(Sun)

庭の棚をノラ猫が倒します。
うちでいちばん日当りのいい場所なのに、植木鉢が置けません。

それではちょっと困るので、棚にストッパーをつけてみました。

120512_155942.jpg

足下に張り出した板と、天面の背の板が、新しくついた部分です。

これで安心。どんなにネコが飛び乗っても倒れません。

ちなみに、倒すのはこいつです。↓

120512 c5

  1. ネコ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

祝復刊! 「アンジェリク」その2 :: 2012/05/10(Thu)

anje2.jpg

↑これが2巻。今、出ているのはこの巻までです。

昭和52年に出版されたアンジェリクは、フランス語からの翻訳ではなく英訳からの翻訳だったとか。
実は英語版では著者の了解を得ずして大幅なカットがなされていて、その分量は章によっては50%ほどにも及んだということです! 信じられない。

読んでいて辻褄の合わないところ、途中で消えてしまう人物もいるとは思っていたのですが、それはあまりにも長い期間を舞台にして膨大な情報を扱うゆえに仕方ないとあきらめていました。そういった点があっても、この小説の面白さが損なわれるものではない…と思っていたのですが、著者のせいじゃなかったのですね。ひどい。

とにかく、新しい「アンジェリク」では、その点がクリアになっての出版ということ。

では、実際読んでみたら……やっぱり面白いんですよ。
一つひとつのエピソードが生きているし、ストーリーが急ぎすぎないので、長くはなっていても逆に長さを感じないというか、一つひとつのエピソードを味わって読める気がします。

しかし、1巻読み終えて古い版の1巻の三分の一くらいまでしか話が進んでいない…。

これはちょっと怖い。このペースでいくと、26巻の本が3倍。つまり26かける3で、78巻?!
一冊2940円の本が78冊というと、2980かける78で、232440円。え~、23万円超えちゃうの!?

ちょっと恐怖を感じるけど、でも何とかします。
復刊リクエストを出すということは、「復刊の暁には購入します。だからよろしくお願いします」という誓いをたてたも同然。今更裏切りはないでしょう。

買わないという選択肢はありません。
ブックオフという選択肢もありません。
著者と出版社に入る形でお金を使ってこそ、感謝の気持ちを伝えられるというものです。

ありがとう。復刊ドットコム様。
私の後半生の楽しみと思って、一冊ずつ大切に読ませていただきます。

いきさつを知りたい方は、こちらを!
  1. 本の話 生き物、または着物を中心に
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

祝復刊! 「アンジェリク」 :: 2012/05/06(Sun)

喜ばしいことに、「アンジェリク」が完全版として復刊になりました!

anje.jpg


↑左が昭和52年に出版された旧刊。右が今回復刊された「アンジェリク」です。新刊の表紙は、きれいだけど……なんというか、もう少し想像の余地のある表紙でもよかったように思うのです。読者の内なるアンジェリク像を投影できるもののほうがよかったのではと。

「アンジェリク」は17世紀のフランスを舞台にした小説。26巻あって、なお未完という大長編です。

ちょうど15年ぐらい前にはまって、図書館で借りて読み始めたものの、何しろ一巻読むだけでも相当な密度のものなので図書館の期限内では読み切れず、買って読もうかと思ったものの、すでに絶版!
古本屋でぜんぶそろえて読みましたが、「こんな面白い本が絶版なんて、もったいないな~」と思っておりました。
復刊ドットコムで署名が集まっているという話を聞いたので、私もぽちっ!
それがかれこれ10年以上も前の話だったのですが……なんと! 晴れて復刊がかなったというではありませんか。(以下 詳細は次回につづく)

  1. 本の話 生き物、または着物を中心に
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ミツバチいろいろ :: 2012/05/01(Tue)

120428renge.jpg


↑レンゲ花壇で一枚! けっこうよく撮れた? でも、羽ってなかなか写らないんですね。

hun-mitsubachi.jpg



↑黄色いつぶつぶは、ミツバチのふんです。落ちたばかりは玉になっていて、つやっときれい。なんの卵? と思ったらフンでした。

  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。