生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

帯揚げ染め体験記 :: 2012/03/26(Mon)

わりと近くに呉服屋さんがやっている和カフェがありまして、曜日によっては絞り染め教室なぞもやっているようです。
長襦袢の生地や着物地を染めてみるのも楽しそう。でも、これ以上やること増やしてもこなしきらんし……

と思っていましたら、1時間ほどでできる「帯揚げの桜染め体験」の催しがあるとのこと。
これなら手軽そうなので、試しに行ってみることにしました。

1-sakura.jpg
1)縁側に、咲き始めた桜の枝が生けてありました。「これを使うのかしら?」と思っていたら、「去年、花屋からこういうの取り寄せて使ったら、赤字になっちゃんだよね。だから、今年は桜チップを使います。」とのこと。面白すぎる!

2-sakura-chip.jpg
2)これが桜チップ。薫製用にホームセンターなどで売られているものだそうです。

3-akane.jpg
3)植物染料の「茜」もちょっとだけ入れます。少し入れるだけで桜の色みを引き出すのだとか。このほか、媒染剤にミョウバンを使います。

4)染めの模様は、サンプルを何種類か見せてもらって、好きなのを選びます。

4-iron.jpg
5)帯揚げの生地を、三つ折りにしてアイロンをかけていきます。

sankaku.jpg
6)ジャバラになるように、三角に折っていきます。

waribashi.jpg
7)2本の割り箸ではさんで、輪ゴムでしっかり留めます。

someru.jpg
8)これを、桜と茜を煮出した液に浸けて染めます。

arau.jpg
9)ミョウバン液に浸けてからまた染め、終わったら水洗い。

作業はこれで終わりです。あとはビニール袋に入れて持ち帰り、干して出来上がりです。

some.jpg
10)合間に、もっと本格的な絞り染めの作品も見せてもらいました。かわいい!

さて、こうして楽しく染め上げた私の帯揚げ。どうなったでしょうか?

1-kansei.jpg

ちょっと暗いところで撮っちゃったからわかりにくいけど、こんな感じです。模様は不揃い。だけど、なかなかかわいい。色は、ややオレンジ色がかったベージュ色です。

完成度はともかくとして、もののしくみを知りながら何かが作れるって楽しい!
これ以上趣味を増やすのもどうかと思うけど、いつか着物地を染めるのもやってみたいと思うのでした。





















スポンサーサイト
  1. きもの日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

にゃ~た君のその後 :: 2012/03/18(Sun)

nyata0318.jpg

預かりネコ、にゃ~た君のその後です。
我が家では、どうにもくつろいでくれなかったにゃ~た君。
今はもとの家に戻し、私が通いで世話をしています。
訪ねていくと、すりすりと体を寄せてきます。
唸ることもなく、元気そう。
やっぱりネコはホームがいいのね。

我が家のネコも、今は落ち着いています。
私に噛み付いたことなんて、忘れてしまったかのよう。
私の包帯を、「なんですか?」というように引っ張っていました。
  1. ネコ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

もしも猫に噛まれたら… :: 2012/03/13(Tue)

後輩の猫にゃ~た君をあずかるにあたって、うちのペロとにゃ~た君との仲睦まじい姿を見られるかと期待していたのですが、それは甘かったようです。

うなり声と鳴き声の応酬、緊張感のある睨み合い。
で、わたしが止めに入ったところ、またしてもペロに噛まれてしまいました。

431206_jpg.jpg

↑手負いの右手です。今回は利き手だからいろいろ不便です。

あほだなあ。

救急病院のお医者さんも、前回のカルテを見ながらやや苦笑していました。

「また、猫に噛まれたんですか? 同じ猫? よく噛まれますねえ。」

そんなことを言われて悔しいので、せめてこの体験をもとに人さまのお役に立つようなことをお伝えしたいと思います。覚えておいて損はないかもしれない情報。

題して、「もしもネコに噛まれたら…」

1)興奮している猫を取り押さえるときは、素手で向かわないこと。毛布などをかぶせて、その上から捕まえるのがよいでしょう。
2)猫の口には雑菌が多いので、噛まれるとひどく腫れます。腫れると、身の危険を感じるほど痛いです。一度目に噛まれたときはそのことを知らず、「血が止まったらヨガ行こうかな?」とか考えてました。とんでもなかったです。
3)噛まれたら流水で洗い、すみやかに外科の病院に行くのがいいでしょう。消毒のうえ、化膿止めの薬を処方してくれます。時間外で救急外来に行くときは、電話で事前に確認したほうがいいと思います。外科があっても、救急で外科の処置ができない病院もあるようです。
4)私は、念のためということで破傷風の予防接種をすすめられました。前に噛まれたときは、「家から出してないネコだし、まあ平気かな」と思って受けませんでしたが、「2度目でしょう。よく噛まれるような人は受けたほうがいいですよ。発症すると、致死率高いんですよ」と言われて、受けることにしました。そこまでする必要があったのかはわかりませんが、まあ念のため。でも、効果があるのは5年ぐらいだそうです。

いつ同じ目に合ってもいいように、覚えておくと慌てなくていいですよ。




  1. ネコ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

放射線測定器がやってきた! :: 2012/03/04(Sun)

新婚旅行に行く後輩ちゃんのネコ、にゃ~た君の面倒を見ることになりました。
nya-ta-120303.jpg

↑うちのネコとの相性を確かめるために、試しに連れてきてもらいました。若さゆえか挑戦的なにゃ~た君(右上)を、訝しげに見つめるペロ(左下)。

で、「ネコの面倒を見てもらうお礼です」ということでいただいたのが、「放射線測定器」。
なかなか個性的な品物です。

senryo-kei.jpg

↑大きさがわかるように手のひらに載せてみました。

説明書を見てみると、ガンマ線を計測するもののようですね。
さっそく部屋の中で測ってみると、0.05マイクロシーベルト。
では、外で測ったら?

009120303.jpg

↑庭で、地面に置いて測ってみました。0.09マイクロシーベルト(毎時)。やや数値が上がりました。

やっぱり地面のほうが高いって本当ですね。数値としては問題になるようなものではないようだけど、去年の今頃と比べるとどうなんだろう? 気になりますね。
経過を見ることが大切なようなので、引き続き同じ場所で、またいろいろな場所で計測してみようと思っています。 






  1. 震災後の東京生活記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

クリスマスローズ雑感 :: 2012/03/01(Thu)

c-r 120301

先日見てきた「クリスマスローズの世界展」では、クリスマスローズのいろいろな楽しみ方…ハンギングバスケットやらクラフトフラワーやらが紹介されておりました。
これはこれで、きれい。
きれいなんだけど、なんというか、しっくりこない。

なんとなくうなだれ気味の咲き方のせいか、茎や葉と未分化といえる花色のせいか、クリスマスローズというのは庭に咲いているときがいちばん美しく見えるような気がいたします。オブジェにしてしまうと、ちょっと地味で淋しくなってしまう。

さて、つぼみをつけて開花が待たれる我が家のクリスマスローズ。
つぼみの感じから、どうやら紫色っぽい花になりそうです。
ノラ猫たちが走り回っている庭で、無事に花が咲いてくれるか……?


  1. お花
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。