生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

新たなる野望 その2 :: 2011/11/27(Sun)

最近、私の胸のうちに新たなる野望がわき上がってまいりました。

ハチの世界をマンガに描いてみたい。

この秋、世話していたハチの女王が消え、そしてまた生まれました。
統治していたものが消え、ざわめく王国。王国の興亡は?
そして、秘密のゼリーで育てられる女王候補。
新しい女王が結婚飛行から無事に帰還しときの、民の喜び。
王国の再興……ああ、一大スペクタルではありませんか!

それをマンガにしてみたいと思ったのですが、悲しいかな私は絵がヘタなのです。

「作だけやって、絵は誰かに依頼して描いてもらっては?」
そういう意見もありました。

確かにそのほうが確実かも。
でも、それは私の内なるミツバチとは違うものになってしまう気がします。

「まずはデッサンから始めてみては?」

そうですね。まずはそこから始めてみます。

炭坑の画家、山本作兵衛さんだって、何十年もかけて記録を残していったのです。

来年の目標が決まりました。
ミツバチのデッサンを始めてみます。

道は遠いけれども、もしかしたら30年ぐらい後には、私の「ハチマンガ」完成しているかもしれません。

111113mitubachi.jpg

↑みんな入り口に頭を向けている。お尻が並んでいて、かわいい。









スポンサーサイト
  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

勝手にプロデュース :: 2011/11/21(Mon)

kobinset.jpg

先輩にハチミツをプレゼントしたら、こんな画像が送られてきました。

「あなたがくれたハチミツ3種類、こんなふうにこびんセットにしたらいいんじゃない?」

おお、ハヤリのマスキングテープでかわいらしく仕立てられているではありませんか!

先輩による「勝手にプロデュース」、よし来年はこういうセットも作ってみよう。
今年は春から夏まで完売しているので、もうムリ。
来年の楽しみということです。
  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

作兵衛さんのこと :: 2011/11/20(Sun)

九州に行ったら、行きたいところがありました。

炭坑節発祥の地と言われる田川市石炭歴史博物館。
ここには、山本作兵衛さんの絵があるのです。

sakubeesan:gazo


7歳から炭坑で働いてきた作兵衛さんが、炭坑の生活を伝える絵と文を本格的にかき始めたのは、60歳をすぎて炭坑が閉山してからといいます。
消えていくヤマの暮らしを、家族を伝えるためにかいたのだとか。

すべてのものは消えていくこと。
でも人は、それを痕跡だけでも残しておきたいと願うこと。
作兵衛さんの絵を見ていると、絵や文とは本来そのようなものではないかという気持ちを抱いてしまうのです。

作兵衛さんの絵や日記などの関連資料は、炭坑の暮らしを労働者の側から伝える貴重な資料として、世界記憶遺産として登録されています。




  1. 本の話 生き物、または着物を中心に
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

兄弟の体格 :: 2011/11/17(Thu)

111103cat.jpg

二匹の黒ネコ兄弟。
真っ黒な子と、足やあごが白い子がいます。
足が白い子のほうが、ややおおらかで警戒心が薄いよう。
エサを食べるときも、ためらわずに向かってきます。

このごろ、足が白い子のほうが肉付きがよくなってきました。
性格って、体格に影響するんですね。
  1. ネコ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ハチの季節が終わりました。 :: 2011/11/14(Mon)

kms-hachi.jpg

11月13日 日曜日。暖かい晴天、ハチたちは元気に飛び回っていました。
箱をあけてチェックしたところ、女王バチは元気で産卵もしているようでしたが、ずいぶん卵も幼虫も少なくなっていました。ハチたちもまた、冬を向かおうとしているかのようです。
ハチたちが無事に冬越しできるよう、巣の板を少し減らし、そして蓋をしめました。

あとはハチたちが元気に冬を越せるように祈るだけ。

私の養蜂シーズンは終了となりました。
私に飼育をさせてくれたオーナーさん、そしてハチたちよ。ありがとうございました。

さて、来年の作戦を考えなければ。

  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

蜜の香り (海辺の町記録) :: 2011/11/13(Sun)

福岡の公園を歩いていたときのことです。

背後から、あま~い花の蜜の香りが漂ってきました。
かなり強い香り。

この季節に、これだけ蜜を出す花ってなあに?
と探してみたら、10メートルぐらいに後ろにこんな花が咲いていました。

soba-fr.jpg

う~ん、どこかで見たような?
なんの花だろう?

こんもりとしたヤブのようになっているけど、よく見るとツツジの植え込みにかぶさるように生えています。
ということは、植えられた花ではなくて、はびこりすぎた雑草なのかな?

しばらく見ていて、思い出しました。

これ、ソバじゃない?

畑に植えられてはずのものが、なぜこんなところに。
そして、ソバならハチミツがとれるはず…と見ましたが、近くに巣がないのでしょう。アブやハエばかりでにぎわっていました。あとで調べたら、ソバは丈夫なので、よく雑草化してしまうのだそうです。
  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

海辺の町にて :: 2011/11/12(Sat)

ryuboku.jpg

流木ブランコ。大人が乗っても大丈夫でした。どれぐらい深く打ち込んでいるんだろう。よくできているな~。

お久しぶりの更新です。
「具合でも悪かったの?」と、友人に心配されましたが、大丈夫です。
海辺の町に行っていて、写真がアップできないので放置していただけです。

冬の出張シーズンに入る前にちょっと行っておくか……と思って予定を組んでいたのに、12月の出張でもまた行くことになってしまいました。親孝行になるから、まあいいですよね。

horuwan.jpg

↑この子も相変わらず元気いっぱいでした。


  1. 海辺の町
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。