生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

なんでハチミツを売りたいか? :: 2011/10/31(Mon)

bin-hachimitsu.jpg

秋にとれたハチミツ、ちょっとしかないから売れないか? と思っていましたが、写真のような小さい瓶ならいくつか作れそうです。これで、ちょっとだけでも売ってしまおうか。

なんで売るのかと聞かれたら、お店やさんごっこみたいで楽しいから…というのが答えでしょうか?
どんな瓶につめればいいか、瓶はいくらで仕入れられるのか? 値段はいくらがいいのか?
それを考えるのが楽しいのです。

ふだんの仕事では、ほとんど現金に触れることはありません。
営利企業に勤めていますから、もちろん利益のことは考えます。
でも、ときどきちょっともっと実感を伴う額で、売り買いについて考えてみたい。
私にとってハチミツやさんは、それを試す場所でもあるのです。
スポンサーサイト
  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

目からウロコのグリーンカーテン :: 2011/10/30(Sun)

1022goya.jpg

↑どういうことか、夏の終わりからゴーヤーを育て始めることになりました。時期を逸してしまったので、半分ムリかと思っていましたが、9月の猛烈な残暑に救われ、意外なほど元気に育ちました。実も膨らみ始めたところで、寒くなってきました。収穫まで、いけるか……?

先日、園芸の先生をしている方にグリーンカーテンのことを聞いてみたら、びっくりするようなアイデアを教えてもらいました。

「ヤブガラシでグリーンカーテンを作ってもいいんですよ」

え、ヤブガラシって、あれですか?
雑草のなかでも、樹木にからんでタチが悪い、あれですか?

う~ん、でも生長は早いから、短期間でカーテンになるかも? しかし、横に広がってくれるんだろうか?

先生が言うには、
「どこにでもあるからタダだし、いらないもの利用で超エコですよ」

確かに……

「よく見れば花だってなかなかかわいいし、いろんなチョウが来るし、すごくいいですよ!」

たぶんスズメバチも…?

考えもしなかったけど、いいかもしれない。
発想の転換、参りました!
  1. その他の植物
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ー蚊について知りたいー(2) :: 2011/10/25(Tue)

sisa-cat.jpg
↑今日も来た! シーサーのように並んでいる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
蚊に刺されたあとどうなるか…?
その観察記録です。

1)刺された時…蚊が刺した瞬間、ちくっとしたかゆみを感じる。
2)刺された時~5分後……直径1cmぐらいの範囲でぷっくりと腫れる。強いかゆみあり。
3)5~20分後…腫れているところとその周辺との境界線があいまいになる、赤い範囲は周辺にひろがっていく。かゆみは穏やかになり始める。
4)20~30分後……赤い部位は直径5cmぐらいに広がるが、腫れはほとんどなくなる。かゆみも感じなくなる。

刺されたあと、何カ所か観察しましたが、だいたいこんな感じでした。
ということは、死ぬほど痒いと思っても、だいたい30分我慢すれば治まる?

この30分の間にかいたりしなければ、あとが残ることもないのでしょうか?

しかし、実際には私の脚には虫さされのあとがいっぱい残っています? なぜ?

考えてみましたが、なぜかはわからず。
ただ、繰り返し観察するうち、刺されてから3日ぐらいして、またかゆみがぶり返すことがあるのにも気づきました。

30分で消えるかゆみ。
3日たってまたぶりかえすかゆみ。

蚊の種類が違う?
入る毒の量が違う?

けっきょくわからずじまいです。
来年に持ち越して、また調べてみることにしましょう。

蚊はなかなか興味深い生き物です。
  1. 害獣虫
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

来年への宿題 ー蚊について知りたいー(1) :: 2011/10/22(Sat)

hanamizuki-aka.jpg

↑ハナミズキに赤い実がなりました。東京の良いところは、街路樹の充実ぶり。ハナミズキは蜜源にならないのが残念だけど、花と実は本当に美しいと思う。



以前、体調不良でやせてしまったとき……夏なのにまったく蚊に刺されませんでした。

理由はたぶん「冷え」。

蚊は、二酸化炭素や臭いを感知して生き物を見つけ、熱を感じ取って近づき、触って皮膚であることを確かめたうえで血を吸うのだそうです。

食事をとれないため体が冷えてしょうがなかった私は、蚊に発見されにくかったのでしょう。

そのころは「蚊にも相手にされない」と情けない気持ちになっていましたが、すっかり回復した今では庭に出るたびに刺されまくってます。相手にされてもうれしくはないですが。

蚊に刺されてもあまりかゆがらない人もいますが、私はもう他のことが考えられないぐらいかゆみを感じます。

自分が特別かゆみを感じやすいのか?
それとも、単にこらえしょうがないのか?

少し冷静に見つめてみたいと思い、刺された後の経過を観察してみることにしました。

以下、次回に続く。
  1. 害獣虫
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ミニ薔薇「ほほえみ」 :: 2011/10/20(Thu)

minibara-hohoemi.jpg

久しぶりに花屋さんで一目惚れ

ミニバラ「ほほえみ」ですって。
こんなん初めて見ました! バラなのにレンゲぐらいの大きさしかないの。それなのに多弁咲き。
とても精巧なミニチュアを見ているみたい! でも生きているの。

1週間考えましたが、けっきょく買ってしまいました。
買ってよかった!

でも悔しかったのは、おしゃれなブリキバケツ入りで2000円ちょっとで売られているのを買ったのに、そこから歩いて5分の花屋でプラ鉢入り980円のを見つけてしまったこと。
ブリキバケツいらないのに!
節約生活的には失敗だったけど、でもいいのです。
この花を手に入れた喜びにはかないません。
  1. お花
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ペロの年齢 :: 2011/10/19(Wed)

pero111015.jpg

近ごろノラ猫に向かって向かってあまり唸らなくなったので、「あら、ペロも優しくなったのかしら…?」なんて思っていたら、ん? なんだか違うみたい!

何やら動作が緩慢になってきているし、寝てばっかりだし、毛のツヤも落ちているし、涙目もひどくなっている。

ペロは、優しくなったというよりも、年をとってきているんだ!

考えてみればもう14歳。高齢ネコといってもいい年になっているのです。
健康を心配してあげなければいけない年代なのは、間違いありません。

何年も動物病院には行っていませんが、ちょうど耳の湿疹にできていた湿疹のことも相談したいので、久しぶりに動物病院に連れて行くことにしました。

「え! 14歳なの? う~ん、そうか……」

漢方にも詳しいという獣医さんによると、この年齢にしてはペロは元気なほうだとか。

「でも、14歳ぐらいになると腎臓の機能が衰えて、そのせいで元気がなくなっちゃうこともあるから、おしっこの量とか気をつけてくださいね」

最近ネコトイレがすぐに臭くなると思ってたけど、それも老化のせいだったようです。

まあ、でもそれほど心配しなくてもいいということで、湿疹と結膜炎の薬だけをもらって帰ったけど、なんだかいろいろ考えちゃいました。

最近のネコは長生きするとはいえ、もう折り返し地点はすぎているのでしょう。だから、ペロとの時間を大切に、ペロができるだけ快適に過ごせるようにしてあげなくてはいけない。
それを思った週末だったのです。
  1. ネコ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ハチミツ完売、ありがとう! :: 2011/10/16(Sun)

春から夏にかけて採ったハチミツが完売いたしました!
お買い上げしてくださった皆様に、感謝を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

特に、和裁教室では飛ぶように売れました。
お一人で何本も買ってくださった方も何人かいて、
「メールでお願いしておかないと、なくなっちゃうんじゃないかと思って不安で……」
「あと何本あるの? 残りぜんぶ欲しいんだけど……」
と、私自身がびっくりするほどの大人気。

ほかの場所では、値段を言うと考え込む人も多かったので、ちょっと値段設定が高かったかもと思っていたのです。なのに、和裁教室では、味見してもらっただけで、値段も聞かずに購入を決めてくれた人がほとんどでした。

おいしいものに目がない人たちの集まり?
バブル期を経験している人たちなので、思い切りがいい?
理由はわかりませんが、とにかくよく売れたし、味わった感想もいただけて嬉しかったです。

最後のほうはハチミツ自体がなくなったしまって、希望にこたえられず残念。

秋もできればもう一度だけ採蜜したいけど、売るほど採れるかどうか。

あとは来年のお楽しみということで。

ともかく、皆様、ありがとうございました。
  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

兄弟まだまだ仲良し :: 2011/10/13(Thu)

br-c-esadai.jpg

別行動になるかと見せかけて、意外とまだまだ一緒に行動しています。
黒猫兄弟たちめ。

今朝は小鳥の餌を横取り中。
ヒエですよ。
アワですよ。

ねえ、おいしいの? それ。
  1. ネコ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

目撃! クマバチの盗蜜 :: 2011/10/10(Mon)

埼玉の森林公園に行ってきました。

森を歩くだけでも楽しいけど、私の楽しみはハーブガーデン。
今、ハチに人気があるのはどの花かな? なんて楽しみがあるのですが、今の季節はハーブの花は少ないらしく、ブルーセージのみが花盛りでした。

青い花をじっと眺めていると、大きな羽音をたてるクマバチがやってきました。
丸い体つきが可愛らしい。
蜜を飲むところを写真に撮れたらいいなと、しばらく頑張ってみました。

hanabachi.jpg

じーっと見るうち、不思議なことに気づきました。

クマバチは、花にもぐっていない。
花の根元に食いついたら、外から直接舌を差し入れて蜜を飲んでいる!

そうか、「盗蜜」というやつですね。
花にとっては受粉に役立たない迷惑な飲み方。
おいおい、そんなつもりで蜜を用意したわけじゃないぜ!
花は、そう言っているかもしれません。

  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

子別れ、兄弟別れ :: 2011/10/01(Sat)

ma-111001.jpg

↑今日はお母さんが1匹で来ていました。今は気ままな一人の暮らしを楽しんでいるのかな?

毎日来ていた親子ネコ。
2週間ぐらい前から、お母さんと子どもは別行動になりました。
それでも子ネコたちは2匹一緒に行動していましたが、1週間ぐらい前から別々に来ることが多くなってきました。
そもそも庭に来る回数自体が減ってきました。
ちょっと淋しいけど、仕方がない。
ネコたちは成長しているのですから。
  1. ネコ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。