生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

黒い瞳のスーザン :: 2010/07/25(Sun)

suzan.jpg
↑シジミチョウとルドベキア  蜜が豊富らしく、チョウがたくさん集まってきます、

鉢植えのルドベキアを買いました。中心が黒っぽいことから、「黒い瞳のスーザン」とも呼ばれている花です。

前々から欲しかったんですけど、なかなか花屋でお目にかかれず。今年は会えてよかったです。

「あたりで咲くのより、ちょっと早い時期に入荷しますから」
と、花屋さんが言っていました。

なるほど、よその庭先で見かけてから「あれ、欲しいな」と思っても遅いということですね。
花が咲く時期=花が売られる時期ではないということが、このごろ少しずつわかるようになってきました。
スポンサーサイト
  1. お花
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ネコとまどろみ :: 2010/07/25(Sun)

100725.jpg

猛暑ですね。ネコは平べったくなって、暢気に寝ております。

夏になると、必ず「あ~、もう一回小学生やりたい」なんて、言い出す人がおります。
そうですね。絶好の海水浴日和に会社の机にへばりついていると、小学生がうらやましくなってきます。

小学生のころ、夏は毎日毎日飽きもせずにプールに行っていました。雨が降っても行っていました。
おやつはかき氷で、帰ったら学習雑誌の読み物付録を読む。
小学生時代の夏休みは楽しい記憶。でも私の場合は、だからと言って「もう一度、小学生生活を」とは思わないのです。
なぜならば、私のそのころの私の生活にはネコがいなかったから。

大人になれば、どこでだれとどんなふうに暮らすかを、自分で決めることができます。
ネコと暮らす生活は、小学生時代に私が夢見ていたこと。
それが実現しているのですから、プールと海水浴は、2~3回程度で我慢しようと思っています。
  1. ネコ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

マイブーム紹介 :: 2010/07/21(Wed)

kodan.jpg
突然ですが、近頃「講談」にはまっています。
なぜ突然?
自分でもよくわからないのですが、順を追って説明します。

(1)2年ほど前にipodを買った。
(2)しかし、買ったものの、自分はあまり音楽を聞かない。どちらかというと、「お話」が好き。何かよい「お話もの」はないかと探してみる。
(3)ラジオ番組をダウンロードして聞いてみた。なかなかよいが、だんだんお気に入りが決まってくる。もっと他にないかと考える。
(4)podcastで古典文学の朗読ものが無料ダウンロードできるというので、聞いてみた。なかなか楽しいが、読み手があまりうまくないのが気に障る。もっと他にないかと考える。
(5)落語CDを図書館で借りて聞いてみる。なかなか楽しいが、もっとテンポのいいものはないかと考える。
(6)浪曲なども聞いてみる。なかなか楽しいが、もっと洗練されたものはないかと考える。
(7)講談を聞いてみる。これだ! 私が探していたのはこれなのだ!

求めていたものをついに探し当てた喜びで、図書館にある講談CDを、借りて借りて借りまくる。
勤め先の区でも借りる。住んでいる区でも借りる。(最近、和裁の友人が近所の図書館に勤めているので、ちょっと恥ずかしいが)
しかし講談CDって、落語CDに比べて、絶対数が少なすぎる。
この勢いでは、早晩図書館CDはすべて聞いてしまうのではないだろうか!
もっと講談を。図書館さん、よろしくお願いいたします。


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

番外編着物日記 「ソルビム」異国の着物絵本 :: 2010/07/15(Thu)

今日は着物の絵本の紹介です。
と、言っても日本の着物ではなく、お隣は韓国の着物の話。
でも、この間紹介した「着物の絵本」より、ずっとずっと面白かった!

sorubimu_.jpgsorubimu2_.jpg

↑「ソルビムーお正月の晴れ着」「ソルビム2ーお正月の晴れ着〈男の子編〉」ともにぺ•ヒョンジュ著 セーラー出版より

お正月の朝、子どもが自分でとっておきの晴れ着に袖を通す、その様子を描写していくシンプルな絵本。子どもの晴れがましい気持ちが伝わって、見ていくだけで嬉しくなります。一枚一枚着ていく様子を追っているので、韓国ドラマなどで見たことはあってもよく知らない韓国の民族衣装が、「なるほど、こういうものだったのね。」と、納得できて楽しかった。

ああ、日本の着物でも、こんな絵本があればいいのに。




  1. 本の話 生き物、または着物を中心に
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

またまたハチ刺されーその3 :: 2010/07/13(Tue)

ハチに刺されて病院に行って,帰ってから考えてみる。

問い)なぜ、前回よりも腫れたのか?

考えられる理由1)単に2カ所同時に刺されたから。
   →これなら、問題はそれほど大きくはない。
考えられる理由2)処置が甘かった。
   →確かに甘かった。でも、一度目に刺されたときも、同じような処置していない。
考えられる理由3)私の体内に抗体ができて、アレルギー反応を起こした。
   →これだと大問題。今後、ハチとかかわっていきたい私の、野望を阻んでしまう。

しかしいろいろ調べてみると、ハチに刺されて生死にかかわるほどのショックを起こしてしまう人というのは、どうやら刺されて15分ぐらいで全身の症状が現れてしまうものらしい。
ということは、刺された後何時間も作業を続けていた私は該当しない。
かりに腫れがひどかったとしても(他人と比較していないので、ひどかったのかどうかもよくわからないが)、まあ今のところは程度の問題ということだろう。

閲覧したサイトはいくつかあるが、特に参考になったのは、こちら看護師さんのブログだ。養蜂をやっている人の養蜂をやっている人のHPにも参考になるものがあった。

いろいろ調べてみて、次に刺された場合にどうするかを決めた。

1)なるべく早く針を抜き、少なくとも数分間は流水で洗う。2)ヤケドのときと同じように、保冷剤などで冷やし続ける。3)薬は市販の虫刺されをつける。
これで、病院には行かずに様子を見る。

この処置でどれぐらい効果が出るのか確かめてみたい。
これでも腫れがひどくなるようなら、次の方法を考えなくては!
また、ミツバチに刺されて、他の人はどれぐらいの症状が出るのかも、聞いて回ることにしよう。



  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

またまたハチ刺され :: 2010/07/12(Mon)

100710 hachinosu
↑ハチの巣って、うつくしい~!

ハチ刺され顛末、前回の続きです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日曜日にあいている皮膚科を見つけて、受診。
「ミツバチに刺されたぐらいで、おおげさ?」と、思っていたが、きれいな女医さんは私の手をと診るなり、「まあ~、こんなに腫れて! え、昨日刺されたの? その日のうちに来ないとダメよ。」と、たしなめるように言った。医者的にはおおげさではなかったらしい。
処方された薬は、ステロイド系の塗り薬。と、抗アレルギーの飲み薬。この飲み薬は、前に蚊に刺されてひどく腫れまくった時に処方されたものと同じだ。

「都市養蜂の会に入っているので、今後も刺されることがあるかもしれないんですが、応急処置としてどうすればいいですか?」
と、質問すると、
「とにかく冷やす。そして、基本的には刺されたたら病院に来ること。刺されるたびに症状がひどくなるなら、血液検査をしたほうがいいわね」
という答え。なんだか、おおごとだ。
病院で包帯を巻かれて、見た目的にもおおごとな感じが漂っている。

家に帰って頭を冷やす。
少し問題を整理して考えてみよう。

(以下、次回に続く)




  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

またまたハチ刺されーその1 :: 2010/07/11(Sun)

またまたハチに刺されました。
同時に2カ所刺されたので、人生2度めと3度めのハチ刺されが同時に訪れたのです。
100710 seiyou
↑見た目はかわいいが、針をもつ生き物です。でも、刺すとおなかが千切れて死んじゃうから、かわいそうなんだよね。

今回のダメージは、正直ちょっと厳しかった。
もしかして、私やっぱり虫さされに弱い体質? 
今後の対策も考えなくてはいけないので、ことの顛末を記録しておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
都市養蜂の会で巣箱チェックの作業中、先輩から巣板を受け取ったとたん、右手指に激痛が走る。
ハチに触った感触がないのに、痛みだけを感じたので、とまどう。
見ると薬指と人差し指に、ハチの毒針が刺さっている。
ちょっと心臓がバクっという。大丈夫か、私? 
(このバクつきが、体質的なものでなく精神的なものであるよう願う)

慌てて指先で針を抜き、冷たい水で洗う。ヨモギの葉をつまんで傷口にもみこむと、痛みが和らいだ。
後から思えば、ここでもう少し長い時間水で洗うとか冷やすとかすればよかったのだが、作業も忙しいことだしとそのままにしてしまった。

その後、作業中は痛み痒みもそれほど感じなかったが、夜になって腫れてくる。
下の写真は、夜10時ごろ、刺されてから12時間後ぐらいに撮ったものだ。
1-100710 hachidoku

もっとも、前回でもこれぐらいは腫れたので、この時点でもあまり気にしていなかったが、夜中にかなり痛くなり、ほとんど眠れなくなってしまった。薬指は、まったく曲げられないぐらいにパンパン。ひじぐらいまで重い痺れのようなものも感じる。

朝8時起床。刺されてから22時間後、相変わらず腫れている。右手なので、前回よりもかなり不便だ。

前回は2日ぐらいで腫れが治まったことから考えると、これ以上悪くなることはないようにも思えたが、いちおう皮膚科の受診をしてみることにした。

以下、次回に続く。





  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

やごの抜け殻 :: 2010/07/08(Thu)

199704 yagonuke
たらい池のマルバオモダカの葉っぱに、何かがとまってる!
ヤゴの抜け殻でした。

0705-yagonuke.jpg
たらい池に、小さなヤゴが暮らしていたアカシ。
巣立ったトンボは、今いずこ?

なんて思っていたら、次の日また、抜け殻を1つ発見しました!
少なくても2匹のヤゴが、ここで暮らしていたらしい。
どうりでメダカが消えていくはずです。

  1. 金魚/メダカ/水辺の生き物
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

スイレン鉢の新メンバー! :: 2010/07/06(Tue)

先週の土曜日、近くの金魚やをのぞいてみました。
初めて行く店だけど、店主は若くてなかなか良い感じの店……気になる生き物について、ちょっと質問してみたら、嵐のように饒舌な答えが返ってまいりました。
なんだか、オタクの匂いがする。

ちょっと嬉しくなって、さらに質問を。
「スイレン鉢にとろろ昆布のような藻が発生して、そこにメダカが引っかかって困るんですけど、どうしたらいいですか?」と、聞くと、即答。
「それなら、やっぱりエビですよ!」
ということで、エビ10匹お買い上げとなりました。
ebi--704.jpg
↑袋の左のほうに、一匹いるの、わかりますか?

エビを投入して、3日目。
いい感じです。水の色が澄んできた感じ。
頑張れ、エビちゃん!
  1. 金魚/メダカ/水辺の生き物
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

蜜蝋の精製 :: 2010/07/04(Sun)

西洋ミツバチを飼っている知人に、ハチのムダ巣を分けてもらいました。

最近読んだ本に、ハチの巣を精製してきれいな蜜蝋にする方法が出ていたので、もらった巣で実践。チャレンジです。


mitsubachi dare_

参考図書 「だれでも飼える日本ミツバチ」藤原誠太/農文協/1700円

それでは、スタート!
1-mitsurou.jpg
(1)これが、ミツバチのムダ巣。重さを量ったら、253gでした。

2-mitsurou.jpg
(2)お湯と巣を一緒に入れて、煮とかす。

3-mitsurou.jpg
(3)巣がとけたら、ざるでこし、不純物をとりのぞく。

mitdsurou.jpg
(4)これがとりのぞかれた不純物。巣のなかにあったゴミなどだろう。けっこうたくさんあって、びっくり。

5-mitsurou.jpg
(5)煮とかした蜜蝋は、しばらく置いておくと冷えて固まる。
6-mitsurou.jpg
(6)固まるときに蜜蝋と水は分離しているので、上のほうにある蜜蝋だけを取り出す。円いボウルに入れて固めたので、パンケーキみたいになった。本には「裏側についている泥状のごみを…水洗いしてタワシでこすり落とす」と書いてあるのでやってみるが、うまく落ちない。

7-mitsurou.jpg
(7)固まった蜜蝋を、もう一度水に入れて火にかけ、煮とかす。

8-mitsurou.jpg
(8)今度はさらし布でこして、さらに不純物を取り除く。
これで、さっきと同じように固める。この作業を2~3回繰り返すと本には書いてあったが、2回でだいたいきれいになっていたので、これで良しとする。

9-mitsurou.jpg
(9)固まった蜜蝋を、今度は湯煎にかけて溶かす。

10-mitsurou.jpg
(10)溶けたら型に流し込む。型は、あとから切り開けるように、牛乳パックを使うことにした。

11-mitsurou.jpg
(11)固まったものを、細く切って、精製完了! 楽ではないですが、わかりやすい作業ですね。
(量は140gに減っていました。)

これで、化粧品を作っても良し。ろうそくを作っても良し! オイルと混ぜて家具用ワックスにしてもいいようです。

反省点は、蜜蝋はすぐに固まってこびりつきやすい。
この作業は、100円ショップかどこかで安いナベやざるを買って、専用の道具として使ったほうがいいようです。次回以降は、そうするつもりです。

この話は、「蜜蝋で化粧品づくり」に続きます。
  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。