生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

さようなら! ちゅんこ :: 2009/05/27(Wed)

画像-0474
ちゅんこを保護して9日。もう空も飛べそうなので、ちゅんこを自然に帰すことにしました。
「木の多いところがいい」と獣医さんが言うので、会社近くの公園へ。

少し寂しい気持ちを感じつつ、かごのふたを開けると......バサバサッ。

ちゅんこ、まったく躊躇いなし。
「あ~、やっと出られたよ」とでもいう感じで、空に飛び立っていきました。
ま、元気にとべて何よりです。
ちゅんこ、達者で暮らすのじゃよ!
スポンサーサイト
  1. スズメ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ヤブガラシ :: 2009/05/25(Mon)

暖かくなってから、庭にミツバのような葉っぱの雑草がはびこりはじめました。
その生長スピードは驚くほど、ツルがあるので、すぐにあちこちに絡み始めます。
「これ、なんて植物だろう?  あとで調べてみよう」
と思っていましたが、生長にしたがい、知ってる草だということがわかりました。

これはヤブガラシだ!

ヤブカラシ(藪枯らし、Cayratia japonica)は、ブドウ科ヤブカラシ属のつる植物。 和名は藪を覆って枯らしてしまうほどの生育旺盛さを示している。別名ビンボウカズラ(貧乏葛)とも呼ばれ、その意味としては、庭の手入れどころではない貧乏な人の住処に生い茂る、あるいはこの植物に絡まれた家屋が貧相に見える、またはこの植物が茂ったことが原因で貧乏になってしまう、などの意味に解釈されている。(wikipediaより)

こんなものにはびこられたら大変、抜かなくては! と思ったけど、少しだけはやしたままにしておきたい気も。なぜなら、ヤブガラシの花の蜜は、アゲハの大好物。前すんでいた家の前の廃校は、このヤブガラシがたくさんあったせいで、都会のアゲハパラダイスになっていたからです。(スズメバチも来てたけど)

でもなあ、別名「ビンボウカズラ」だよ、そんなの生えてたらな...........と、迷う私。
迷う迷う。迷って迷って、そして結局抜くことにしました。
だって、どんなに抜いても、ぜったいどこかにはびこるはず。だから、アゲハも呼べるだろう。この生長スピード見てると、雑草抜きしながらも、どこか相手に負けているのでした。
YABU-G.jpg
↑これがヤブガラシ。
  1. アゲハ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ちゅんこ退院する :: 2009/05/21(Thu)

CHU-HINA.jpg
↑携帯カメラで撮りました。落ち着くようにとカゴに毛布をかぶせていたので、バックが花柄になっています。これが思いがけずかわいい

ちゅんこの退院許可が出たので、後輩Kが会社に連れて帰ってきました。
このあと、一週間ほどKの家で世話をして、飛べるようなら自然に帰す予定です。
で、当面の世話ですが、えさは練り餌とミールワーム。
ミールワーム、ご存知ですか?
ペットショップでエサ用に売られている虫で、ミミズのような姿をしていますがミミズではなく、甲虫か何かの幼虫らしい。もちろん生きていて、おがくずの中でモゾモゾ動いています。
ピンセットなどで人間が与えてしまうと、スズメが人になれすぎてしまいよくない、ということでケースの底にポトリと落として、スズメが自分でついばむようにするという指導をされました。

ポトリ! モゾモゾ...... 見てるとちょっと気持ち悪い。
でも、なんだかつい見てしまう。
「うわ、前にも後ろにも進めるんだ!」と、いつしかミールワームの観察会みたいになってしまっていました。
.....ちゅんこは元気です、


  1. スズメ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ちゅんこを保護する :: 2009/05/19(Tue)

会社の後輩が、「何かのヒナを拾ったんですよ。ケガしてるみたいで....。どうしたらいいでしょうか?」というので見てみたら、スズメのヒナでした。口のはしが黄色いゴムパッキンみたいでかわいい。
羽がぼさぼさで飛べないみたい。
野鳥のヒナを拾ったりしてはいけないという話も聞くけど、すでに拾ってしまったものをまた捨てるわけにもいかない。(後輩たちがすがるような目が痛いし)う~ん、どうしようかと迷っていたら、近くに飛べない野鳥を保護してる動物病院があるのを思い出しました。

電話してみたら、「見ますよ」との返事。
さっそく連れていったところ、
「ケガはないみたいです。でも、何かベタベタしたところに落ちたのか、羽が不自然に汚れているので、少し預かって様子を見ましょう」ということ。親切な獣医さんでした。

で、4日後.....。
また行ってみました。
chun.jpg
↑ちゅんこは元気でしたよ。


  1. スズメ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ここがお気に入り :: 2009/05/18(Mon)

ネコには気ままに暮らしてほしいと願っていますが、「や~め~て~」と言いたくなることも、ときにはあります。
PCCAT01.jpg
そこに座るのは、やめてほしい!

CATPC.jpg
寝そべるのも、やめてほしい!

tsumetocat.jpg
もちろん、ツメとぎもや~め~て~!




  1. ネコ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

番外編 きもの日記ー下田黒船祭ー :: 2009/05/17(Sun)

クレジットカードのポイントで宿泊券を手に入れて、ちょいと下田へ行ってまいりました。

で、下田は「黒船祭」という祭りの最中。
今年は70回目だそうです。
DAIKAN.jpg
↑観光案内所のおじさん、目張りもはいって悪代官みたいですが、観光案内は普通でした。

「ペリーロード」という通りでは、「きものファッションショー」を開催しているとか、さっそく行ってみました。
f-kimonos.jpg
↑ポーズも決まった二人組。朝7時に東京から来たと言っていたから、下田についてから髪をセットしたのかな?  

司会の人が「黒船の時代に思いを馳せて......」みたいなことを言ってたので、時代衣装のショーなのかと思っていましたが、特にそういうわけではなく、「見て見て! 私の着物」という着物好き有志のショーなんですね。なかには、ちょっとビミョ~な趣味の方もいらっしゃいましたが、皆さん揃うとなかなか華やか!  黒船祭りの華となっていました。

INU-KI.jpg
↑この方は、ワンちゃんと一緒の参加。犬用の着物とハカマをこさえたんだそうです。

inu-hakama.jpg
.....ハカマ、よくできていました。







  1. きもの日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ちび犬の魂 :: 2009/05/11(Mon)

SIRO0KEN.jpg
「愛玩犬」といわれていても、反抗心がにじみ出ているヤツもいる。
写真は、銀行前につながれていた子犬。
好きです  こういうツラがまえ。
  1. いぬ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ことりの公園 :: 2009/05/10(Sun)

この間見つけた「ことりの公園」、今日もまた行ってきました。
私のいま一番のお気に入りスポット、どんなところなのか紹介しましょう。
K0-05102.jpg
↑公園に入ると、すぐに見えてくるのは「エサ台」。パンくずが置いてありました。カラスが入れないような、うまいつくりになってますね。

KO-0510.jpg
↑ちょっと入ると、こんなフェンスが見えてきます。フェンスを覗くと.......

KARU-10.jpg
↑こんな水辺が見えてきます。カモが泳いでスズメやムクドリが水浴びをしに来る鳥たちのサンクチュアリ。フェンスで囲ってあるのは、ネコよけと人間よけのためでしょうね。小学生のボランティアが、ときどき中に入って環境を整えているようで、公園の入り口にはそのレポートが紹介されていました。まだボランティアになる資格のない低学年の子どもたちにとっては、「フェンスの中に入る」というのが憧れみたい。私が小学生なら、どんな汚い手を使ってでもその地位を手に入れようとしたでしょう。

で、上の写真、実はカルガモのひなが写っているのです。ちょっと遠くてほとんどよくわからないと思うので、トリミングして拡大してみました。それが、↓これです。
karugamo-.jpg
後ろ向きだけど、2羽写っているの、わかります?
公園にいたおじさんによると、最初は8匹いたんだけど2羽に減っちゃったんだそうです。
おしりふりふり泳いでて、いっちょまえにもぐったりして、すごくかわいいの
ああ、毎日見に行きたい!







  1. | trackback:0
  2. | comment:0

にゃあの隠れが :: 2009/05/07(Thu)

N-B.jpg
ネコのくつろぎboxを買いました。
段ボール製、中にツメとぎが入っています。

NE-BOX.jpg
小窓の前でネコじゃらしを振ると、びゅっと手が飛び出てくる。

最近は、しょっちゅうこの中で寝ているようななので、中でどんなふうにくつろいでいるのか覗いてみたくて、カメラの感度を1600まで上げて中を写してみました。
1600-NB.jpg
暗くてピントを合せられなかったけど、ちゃんと撮れました。こんな感じでくつろいでます。


  1. ネコ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

雨のバラ園 :: 2009/05/06(Wed)

今年のGWは遠出せず、近くを楽しむのみでした。
新居の付近はまだまだ馴染みのない場所も多いので、ぷらぷら散歩するだけで旅行しているような気分が楽しめます。
傘をさして歩いていたら、うちから徒歩10分ほどの場所に「バラの公園」発見!
m-rose-ko.jpg
↑品種名は特に書いてなかったけど、これは「ブルームーン」かな?

mizutama-54.jpg
↑葉っぱの上の水玉もきれい。

それほど大きくない普通の公園なんだけど、植栽のほとんどがバラ
こんなにたくさんのバラをこれだけ見事に咲かせるって、なかなか大変なことですよね。
この日はほかに「ことりの公園」も発見して、近所にお気に入りの場所が二つもできてしまいました。

バラといえば......この間、花屋にきれいな大輪の赤いバラが出ていたので、会社の応接コーナー用に買いました。黒い花瓶にいけて飾ったら、それを見た後輩が、「すてき! バーみたい」。
それを聞いたおじさんたちまでが「え、バー!?」と見に来てくれました。
ふだん花なんて興味示さない人たちなのに。
画像-0461
↑これが、「バーみたい」な赤いバラだ。




  1. お花
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

またまた養蜂へ :: 2009/05/05(Tue)

HA-D.jpg
都市養蜂の会、週末採蜜に参加してきました。
いいお天気で気温が高かったせいか、ハチたちは盛大にぶんぶん飛び交っていました。

ところで、数週間前に「ハチ大量死」のニュースが流れたせいか、ふだんハチに興味がない人からもこの問題について質問を受けることが多くなりました。
セイヨウミツバチ大量死については、実は一年ぐらい前からかなり話題になっていて、新聞はじめいろいろなメディアでも取り上げているのを目にしていました。
ですから、最近いろいろな人から質問を受けるたびに、「なぜ、今?」という疑問を感じたのですが、でもこれ、当然ですね。時間がたつうち、養蜂というせまい世界の問題から「果物の高騰」など、多くの人々の生活にかかわる問題にまで広がり始めているのですから、メディアの扱いも人々の関心も、高まってくるのが自然でしょう。

セイヨウミツバチ激減の理由について、専門家でない私が語れることは何もありませんが、ただニュースで言われているような「南米からのミツバチ輸入」については反対です。
気性が荒い南米のセイヨウミツバチの血が入って、日本のセイヨウミツバチの気性まで荒くなってしまったら........。慎重に慎重に、ここは慎重に、入ってしまったら、もう取り返しがつかないのですから。
3brohachi.jpg
↑さなぎからハチになる瞬間を目撃しました。3兄弟お目見え。かわいい

  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

意外なつながり :: 2009/05/03(Sun)

どうしたことか、西武デパートで開かれている「石川遼プロゴルファーへの軌跡展」なんて催しに行ってしまいました。
何しろ今まで17年しか生きていない人の「軌跡」だから、「子ども時代に好きだった本」なんて、ゴルフとあんまり関係ないものまで展示されているのですが、それがこのコーナーでした。↓
RYO-EHON.jpg
中央に飾ってあったのが、「りすと きのみ」ほか、月刊の写真絵本のシリーズ。
この本は、私にとっても思い出深い本!
特にゴルフに興味はなかったけど、勝手ながら石川選手に親しみを抱いてしまいました    これからは陰ながら応援させていただきます。

*石川選手はリス好き?  ゴルフボールを抱いたリスの絵を、グッズに使っているんですね。
  1. 本の話 生き物、または着物を中心に
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。