生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

読んでるのに :: 2005/11/30(Wed)

ネコのペロスケは、人が読んでるものを座布団にしてしまう癖がある。
DSC01942.jpg

↑まだ読んでる途中なのに~!

DSC01937.jpg

↑それは図書館の本です~!

DSC01850_1.jpg

↑それは後輩に借りた漫画です~!

もう本当に困ったものです。
スポンサーサイト
  1. ネコ
  2. | trackback:0
  3. | comment:5

りんごシロップの雨が降る :: 2005/11/29(Tue)

 10月の終わりに青森でりんご狩りをしてきたので、うちには今でもたくさんのりんごがあります。雑誌に炊飯器を利用してジャムをつくるアイデアが載っていて、試してみたらとてもおいしくできました。味をしめてもう一度つくろうと思ったのはいいのですが、つい欲の皮が突っ張り「どうせなら一度にたくさん!」と、少し多すぎるかと思いつつも3個分(前回は2個でつくった)のりんごと砂糖を炊飯器にいれてスイッチを入れました。そして20分後、みごとに蒸気の吹き出し口から大量のりんごシロップがシャワーのように吹き出してきたのです。
 あわててスイッチを切り、台所中に飛び散ったシロップを拭き取った私。そして、きれいに拭き取ったつもりでも、フローリングがツヤツヤすべすべした感じになったのは、りんごにふくまれるペクチンのせいでしょうか? 途中でスイッチはとめましたが、ジャムはおいしく出来上がっていました。

 Nov19_1708.jpg

↑ホットサンド用の型でつくる焼きりんごもおいしいですよ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:3

帰宅せり :: 2005/11/27(Sun)

3日間ほど仕事で出張していたので、数日ぶりの「生き物日記」です。寒かったよ~! 疲れたよ~! 出張先のホテルの部屋で一人過ごしていると、日ごろ自分がどれだけネコの柔らかさに癒されているのかがよくわかります。 帰ってきたら、まずすることは、ネコに頬ずり。やっぱりおうちが一番だね。
DSC02024.jpg

↑数日前の写真ですがアップします。柿も2日ぶりに見たらずいぶん縮んでおりました。

*話はちょっと「生き物」からそれますが。そのうち「出張」についても語りたい……というか、他の女性はどうしているのか知りたいです。化粧品はどんなものをどれぐらい持っていくのか? その他の持ち物は? ホテルのチョイスは、食事、出張先での時間の使い方、 同行者や現地の人との距離のとり方……などなど、「出張の達人」という女性(オヤジの情報は不要)がいたら、ノウハウ伝授してください。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ピーマン味 :: 2005/11/23(Wed)

DSC02021.jpg

夫は散歩が好きで、よく近所をのんびりと歩いて帰ってきます。そして、季節の「かわいいもの」を見つけてくるのが好きなようです。今日の収穫物は、これ。ときどき鳥がついばんでいるのを見るので、私も試しに食べてみたら「にが~い!」。ピーマンを100倍ぐらいに濃縮したような味でした。ピーマンぎらいの人って、ふつうのピーマンをあんなふうに感じてるんじゃないないかと思いました。
  1. その他の植物
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

日ざし :: 2005/11/23(Wed)

DSC02000.jpg

窓からの差し込む日ざしがここちよい季節です。光を受けて座るペロちゃんは、まるで泰西名画の王妃のよう。(男の子だけど)
う~ん、美しい!(親バカ)
*写真は、クリックすると大きくなります。
  1. ネコ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

干し場所移動 :: 2005/11/21(Mon)

 干し柿を庭に干していたら、夫が「夜露に濡れるから軒下に移したほうがいいのでは?」と言います。でも夜露って屋根があるだけでしのげるものなのでしょうか?
 彼が言うには「キャンプのときでも、靴をテントの外におくと夜露にぬれるが、テントのひさしの下に入れておけば大丈夫だ。干し柿も同じでは?」とのことです。
 にわかには信じがたかったのですが、とりあえず年長者のいうことは聞いておこうと、2階の窓の手すりにくくりつけることにしました。
 夜露については半信半疑ですが、日当たりはこちらのほうがいいので、確かに柿にはいいかもしれません。
DSC02018.jpg

↑軒下っていってもほんのちょっとなので、雨が降ったら室内に入れたほうが良さそうです。
  1. 干し柿
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

干し柿づくり :: 2005/11/20(Sun)

会社の O さんに渋柿をいただいので、今週末は干し柿づくりに励むことにしました。

20051119231848.jpg

↑これが渋柿です。

Nov19_1746.jpg

↑ピーラーでむくと早い。柿はぬるぬるして滑りやすいので、ナイフより安心です。

Nov19_1743.jpg

↑皮をむき終わりました。

DSC02013.jpg

↑枝のところにひもを結んで干します。ちなみに、干し柿用の柿は、ひもをゆわきやすいように、Tの字に枝が残るように切るのです。

DSC02011.jpg

↑ぜんぶ干しました。

 柿はぜんぶで28個。始めてから干し終わりまで2時間弱、一人で作業するにはちょうどいいぐらいの量でした。干し柿づくりは今年で3回目なので、ある程度手順は理解したうえで取り組めました。手に柿渋がつくので濡れぶきんを用意しておくこと。最初に柿の数を数えて時間の見積もりをたてておくこと、ひもはあらかじめ必要な分だけ切っておくなど、前2回の反省をふまえて効率よくすすめられました。
 ちなみに渋柿を少しだけ食べてみると、「甘みがなくて渋い」のではなく、「甘いのにそれを上回る渋みがある」のが渋柿なのだとわかります。
 私のまわりには柿好きのおじさんが多く、「真にうまい柿は甘柿ではない! シブをぬいた渋柿こそがうまいのだ」と熱く語っていました。
 これからしばらく、この「生き物日記」で、干した柿の変容の様子をお知らせしていこうと思っています。
  1. 干し柿
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

番外編 きもの日記 ー働きものコスプレー :: 2005/11/19(Sat)

DSC02010_1.jpg

 「今日はけっこう家事もたまってるし、忙しいけどできるかな~」と弱気な休日のスタートだったのですが、そんな気分のときこそ働き者のコスプレで気分を盛り上げよう! そう思って絣柄のウール着物を着てみました。ちょっと下女みたい。用を言いつられても、「はい! ただ今」とか言って機敏に動けそうな気がしてきます。割烹着も着ればもう完璧。

 この着物は母が若いころ自分で縫ったもので、私が小さくて母が専業主婦だったころ時々着ていたのを覚えています。普段着に着物を着る人は当時すでに少数派でした。
 大人になって、私が「カジュアルに着物が着たい」と言ったらくれたのですが、若いときの母はかなり細かったようで、身巾がせまい! それをムリやり引っ張って着てたら、おととしお尻の縫い目が裂けました。ショック! しかし母がぜんぶほどいてもう一度縫い直してくれたので、ちょうどいいぐらいのサイズになって蘇り、今日に至ります。
 あまりにも昭和家庭着っぽいので、これ着てお出かけはしませんが、今日のように一日家で家事に気合いを入れたいときによく登場します。

20051119231848.jpg

↑今日忙しかった理由の一つは、これにあります。詳細は明日報告します。
  1. きもの日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

映画バトン :: 2005/11/19(Sat)

 「狗子ブログ」の狗子さんから映画バトンというものを受け取りました。(「狗子ブログ」についてはリンクのコーナーを参照してください。)
 「映画バトン」というのは、ブログをやっている人の間でアンケートのようなものを回していく趣向のようです。
 楽しそうなので、今回は生き物ネタはお休みして映画の話をさせてもらいます。

1)人生で初めて見た映画……「青い鳥」
 エリザベス・テイラーが妖精役とお母さん役の二役やってた映画です。小学校低学年ごろ、母に連れていってもらいました。映像に免疫がなかったせいか、キラキラ光る異界のシーンにびっくり! 「もう一回見たい」と言ったら、次の回の途中までもう一度見せてくれました。

2)好きな映画監督……フランソワ・トリュフォー
 「大人はわかってくれない」や「アメリカの夜」が好きだけど、そういう傑作だけじゃなくて駄作といわれる「逃げ去る恋」もけっこう好き。たぶんこの人自体が好きで、この人の話だったら多少さえない話でもとりあえず耳を傾けてしまうってことなんじゃないかと思います。

3)好き(おススメ)な映画……「ニキータ」
Nov18_2334.jpg

 「泣き虫な殺し屋」という惹句にひかれて見に行き、黒いドレスを着た凶暴な殺し屋ニキータの純情さにしびれました。後にビデオも購入、一人ぐらし時代は私の「号泣ビデオ」として、毎週のように見ていたものです。しかし、最近久しぶりに見てみたら、「泣く」っていうか、ちょっと笑っちゃいました。絶対バレそうな変装とか、騒ぎを大きくするだけどの助っ人とか、もう突っ込みどころ満載。でも、今でも大好きです。ニキータのフィギュアがあったらほしいぐらい。

4)今まで見てダメだった映画……「火垂るの墓」
友達に「泣けるよ!」とか言われてビデオを借りて見たのですが、貧乏な話って怖くって最後まで見ていられなくなってしまうのです。映画と思って割り切って見ることができない。ホラーが嫌いっていう人の気持ちがちょっとわかりました。私はホラーは好きだけど。

5)衝撃を受けた映画……「クーリンチェ少年殺人事件」/font>
 台湾映画ですね。長いけど圧倒された。主人公の少年が、後に「グリーン・デスティニー」の美青年に成長するとは、この映画を見たときは知る由もありませんでしたが。

6)これから見たい映画……「親切なクムジャさん」
 「オールドボーイ」もよかったし、復讐ジャンルは抑えておきたい。

  総じて「古い映画」をよく見に行きます。あとはわりと「犯罪もの」とか「暴力的な映画」も好んでいるような……。念のために言っておきますが、私自身には暴力的な傾向はない(と思う)ので、平和な日常生活にないドラマを映画に求めているのかなあと思っています。
 
 映画バトンを次に受け取ってくれる人ですが、「着物雑記帳」のたこQさん、お願いしてもよろしいでしょうか?

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

ムスカリ :: 2005/11/18(Fri)

DSC01973.jpg

2週間ぐらい前に植えたムスカリの芽が伸びてきました。冬に向かっていく季節のなかで、伸びようとするものが庭にあるのは嬉しいものです。今年は密植えにして、まわりにはスノードロップを植えました。時間差で咲けばワクワク感が長く持続するだろうという作戦です。
  1. その他の植物
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

そろそろ :: 2005/11/16(Wed)

DSC01977.jpg

巷の田んぼはどこも刈り入れが終わっているようですが、うちのバケツ田んぼはちょい遅めのようです。でも、そろそろ収穫期かな? スズメに食べられないうちに取り入れようと思っています。
  1. 野菜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

初顔出し :: 2005/11/14(Mon)

DSC01832.jpg

 初めてイモリの顔の撮影に成功しました。本当はもうちょっと正面から撮りたかったのですが。ちょっと突き出た目玉がかわいいと思うのですが、どうでしょう?
  1. イモリ
  2. | trackback:0
  3. | comment:1

宇宙農場(6)V|VA!  収穫 :: 2005/11/13(Sun)

DSC01979.jpg

↑栽培10日め。育ちすぎです。蓋がしまならくなりました。

 緑豆スプラウト収穫の日がやってきました。本当は2.3日くらい前に収穫してよかったんだけど、ほかにも食材があったのでつい遅くなってしまいました。
 10日で収穫ってのは、けっこう遅いほうかも。夏なら2.3日ですから。もう秋も深まっているってことですね。
 収穫したスプラウトは、ブタ肉と一緒にいためていただきました。なんか、ぐちゃっとしておいしくなさそうに見えるけど、味はおいしかったです。本当ですよ~!
DSC01980.jpg

  1. スプラウト栽培
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

泥はね注意 :: 2005/11/12(Sat)

DSC01966.jpg

↑「風香」のしましま着物にニワトリ帯を合わせてみました。

 月に2回の和裁の稽古の日。雨があがった~! ちょっと道に水たまりがあるけど、着物はポリだし、少しぐらい泥がはねても大丈夫! そう思って喜んで着物で出かけて、あとでよく見たら、帯のたれにまで泥はねが!
 「あ~、下駄の跳ね上がりはけっこう高いところまでいくから、今日みたいな日はコート着なくちゃだめよ~」と、和裁の先生に言われてしまいました。ショック!
 がんばって少しでも目立たないように処置しなくては!

●今日のスプラウト
DSC01971.jpg

こんなになりました。明日は収穫します。
  1. きもの日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

宇宙農場(5)何を育てるか? :: 2005/11/11(Fri)

DSC01948.jpg

↑栽培8日め。こんなに生長しました。全体像は……

DSC01947.jpg

↑ほら、「宇宙農場」って、感じでしょ。

 いままで、宇宙農場ではさまざまな種類のスプラウトの栽培を試みてきました。ダイズ、アズキ、レンズ豆、カイワレ、プロッコリー、アルファルファ、マスタード……などなど。今でもいろいろ試してみようとは思っていますが、定番はやっぱり「緑豆」です。
 緑豆というのは7~8mmぐらいの小さな緑色の豆で、おもに春雨などの原料になっている豆だそうです。ふだん緑豆そのもを料理することはなかなかないと思いますが、商店街の乾物屋さんで簡単に買うことができます。この豆には
1)安い
2)寒くもよく育つ。生長が早い。
3)腐ったりカビたりしにくい。
などなど、すぐれた点がいくつもあります。人気のブロッコリースプラウトなどもいいのですが、タネが小さなものは穴から流れでないようにペーパータオルなどを湿らせたうえにタネをまかないといけないので、そこがちょっと面倒くさい。そんなこんなで、うちのスプラウトはほとんど緑豆ばっかりになってしまいました。


DSC01941.jpg

↑こうして瓶に入れておけば、いつでも緑豆スプラウトがつくれます。
  1. スプラウト栽培
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ぶひぶひ :: 2005/11/09(Wed)

DSC01917.jpg

動物園の飼育の方に見せていただいた、生後2日めのミニブタの赤ちゃん、手のひらサイズです。いやあ、かわい~い! 食べちゃいたいぐらいです。(写真はクリックすると大きくなります。)

●今日のスプラウト
DSC01940.jpg

↑栽培6日め。少しひいて撮ってみました。根っこがはみ出しはじめました。
  1. その他の生き物
  2. | trackback:0
  3. | comment:1

宇宙農場(4)清潔を旨とする :: 2005/11/08(Tue)

DSC01900.jpg

↑栽培5日め。根っこの次に芽も出てきました。うす緑の双葉がのぞいています。

 スプラウトの栽培はいたって簡単。スプラウト栽培セットの、水抜きの穴があいている真ん中の層に豆やタネを入れ、1日1~2回水をかけるだけです。あとは日当たりのよい窓辺においておけば、すくすく勝手に育ってくれます。
 唯一注意するのは、腐ったりカビが生えたりしないように衛生的な状態を保つこと。夏は特に気をつけなくてはと思っていましたが、実際に育ててみると意外と暑いときは大丈夫なのでした。夏はスプラウトそのものも元気に生長してくれます。どうも、植物というのは調子のよいときは悪いものをよせつけない力をもっているようで、多少いいかげんに育ててもなかなか健康に育ってくれます。
 反対に、真冬はダメでした。気温が低すぎると、発芽はするもののその後の生長はストップしてしまいます。そうするとジワジワと菌の増殖を許してしまうのか、ちょっと気を抜くだけて腐敗してしまうのです。
 なんだかスプラウト栽培にも人生を感じてしまう事実なのでした。
 
  1. スプラウト栽培
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

宇宙農場(3) 通販で買ったんだよ :: 2005/11/07(Mon)

DSC01895.jpg

↑栽培4日目。根のと豆の一部に赤みがかった色がついてきました。豆の殻のようなものがはずれそうになってきています。

宇宙農場ことスプラウト栽培キットを買ったのは、たしか2年ほど前。ネット通販で3500円ぐらいでした。
 「3500円、高いよ!」 ……そう思ってしばらく悩んでいたのに結局買ってしまった。まあ、基本的に買い物好きなんですね。
 私はこれ買って大満足ですが、別になくてもスプラウトは育てられます。ザルに豆を入れて水をかけ、透明なビニール袋をかぶせておくだけでもいいのです。
 ある友人は、100円均一で買った透明アクリル容器の中にザルを組み込んで栽培していました。工夫しだいでいろいろできるスプラウト栽培。私は安易な道をえらんじゃいましたけど。
 
  1. スプラウト栽培
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

人猫一体 :: 2005/11/06(Sun)

DSC01860.jpg

↑仲よくしちゃってさ~。この~!

 猫のペロスケをオットの肩にのせてやると、すっかり落ち着いてじっとしています。高い位置にいられるのも嬉しいらしく、「あ~、こりゃ眺めがいい」とばかりに窓の外を見ています。これが私の肩だと、落ち着かなくてすぐに逃げ出してしまうんですよね。ちょっと悔しいきーろんでした。

●今日のスプラウト
DSC01880.jpg

昨日、「芽が出た」と書きましたが、出てきたのは「根」ですね。すいません。根はさらに伸びて、はっきりとした意思で下に向かっているようです。


  1. ネコ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

宇宙農場(2) アンジェリクもしてました :: 2005/11/05(Sat)

DSC01856.jpg

↑栽培2日め。かわいい芽が出てきました。

 スプラウトとは、植物のタネや豆などを発芽させた新芽のことです。ビタミン豊富なうえ、豆などをそのまま食べるよりも消化吸収もよい、栽培も手軽でお金もかからないと、よいことばかりのスプラウト。
 フランスの超長編小説「アンジェリク」の20何巻かでも、女主人アンジェリクが凍てつくカナダの砦での冬越しを余儀なくされ、野菜不足を補うために新芽を育てるシーンが出てきました。そのくだりを読んだとき、「すごい! スプラウト栽培は極限下で命を救うかもしれない」と、大ロマン小説なのに妙なところに感動してしまったのを覚えています。
 私にアンジェリクのような極限の状況が訪れるかどうかはわかりませんが、豆と水さえあれば、ビタミンたっぷりの野菜が食べられる。これは災害への備えになるかな?とも考えています。
  1. スプラウト栽培
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

新連載 宇宙農場(1)~スプラウト栽培のことです~ :: 2005/11/04(Fri)

 「宇宙農場」なんてタイトルつけてますが、なんてことはない通販で買った「スプラウト(もやし)栽培セット」のことです。でも、なんだか「宇宙農場」って感じじゃありませんか?
 20××年、○○星雲第4惑星につくられたコロニーでは、人口的なドーム内でのみ農作物の生産が可能だった……て感じ。萩尾望都さんの漫画であったらいいなという私の願望から、「宇宙農場」と呼んでいます。
 今日からしばらく、栽培日記をとおして、私の「宇宙農場」への熱い思いを語っていくつもりです。
 なお、スプラウトは「もやし」と呼ばれることが多いのですが、暗所で育てられるいわゆるもやしと違い明るい場所で育てられます。どちらかというと「新芽」という言葉のほうが近いようです。性質の違いを意識するために、ここでは今後「もやし」とは呼ばず「スプラウト」という言葉を使いたいと思います。単なるかっこつけで横文字使いたいわけじゃないのよ~。
 
 DSC01852.jpg

↑これが宇宙農場です。本当は3段あるのですが、生長のようすをじっくり追いかけたいので、とりあえず一段のみ使用。明るい窓辺に置いて使用します。

DSC01837.jpg

↑一日め 緑豆を入れて水をかけます。
  1. スプラウト栽培
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

番外編 きもの日記 :: 2005/11/03(Thu)

文化の日、祭日です。お休みです。今日は着物来て一人で映画行って美術館行くぞ! とはりきっていましたが、洗濯したりリンゴジャムつくったりして気づくと午後になってました。映画は断念。たいていこうなっちゃうんだよね。でも、着物と美術館は諦めなかった! えらいね。
DSC01839.jpg

↑母のおさがりウールです。

DSC01843.jpg

↑ちょっと変わった柄。「宝石柄?」と母に聞いたら、「いやね、亀甲柄よ」と言われました。昭和っぽくて、けっこう気にいってます。
  1. きもの日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

おかいこ様(7)さあ、どうするか? :: 2005/11/02(Wed)

 いろいろな事実を調べて、私のおかいこ様計画は白紙の状態に戻ってしまいました。そもそも買ってきた卵から育てたものを、羽化してからはなすという考えが甘かったのかもしれません。絹を手に入れるためなら、繭を湯につける痛みから逃げてはいけないのかも? しかし養蚕農家でもない私が、果たしてそこまでやる必要があるのか? いやいや、現代社会では、あらゆることを専門家に任せているから、くらしのあり方が見えにくくなっているのかは?
 迷いは続きますが、だらだら考えていても仕方ないので整理して考えてみましょう。

1)卵を買ってカイコを育て、繭を湯につけ糸をとる。
2)卵を買ってカイコを育て羽化させてから最後まで面倒を見る。羽化した後の繭からつむぎ糸をとる。または真綿をとる。
3)クワコ(野生のカイコ)をとりに行き、羽化させてから繭を利用する。羽化したガは、もとの場所にはなす。

 飼うなら選択肢はこの3つですが、実は未だにどうするかは決めていません。カイコの飼育シーズンは春なので、それまでゆっくり考えようと思っています。どれがベストとも決めかねれば、一年に一方法試していくかもしれません。
 焦ることはないのです。人生は長いのですから。
  1. かいこ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。