生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

ハチ飼い志望動機ーこれまでの話ー都市養蜂の会 :: 2013/01/08(Tue)

ハチ飼い志望動機について語ります。
前回までの話は、こちらを→http://ikimonotachi.blog10.fc2.com/blog-entry-1177.html

bee-yubisaki.jpg
↑成虫になりたて。まだ飛べないハチ、刺しません。

さて、都市養蜂の会とはどんなところか? ですが、都会のビルの屋上でハチを飼っていて、会員を募っています。
春から夏にかけてのシーズンは、週に一回土曜日に内見(巣箱をあけてチェック)と採蜜活動を行います。会員は、それに参加。一回参加すると、蜂蜜が小瓶ひと瓶もらます。
会の趣旨とか地域との交流とか、ほかにもいろいろ紹介したいところですが、ここは私の蜂飼い人生について語る場なので、そこは省略させていただきます。

とにかくハチに触れたい。
どうやって飼うのか知りたい。
その一身で参加したのですが、参加メンバーが多くて、なかなかハチの近くにたどり着けません。
もっと箱の中が見たいのに……。
スポンサーサイト
  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ハチ飼い志望動機ーこれまでの話 :: 2012/11/25(Sun)

viora-b.jpg

↑これはセイヨウミツバチです。

秋の日に慌ただしくやって来て、そして去ってしまった私のハチたち。
飼育再開は、たぶん来年5月か6月ぐらい。

再開しても難問はいくつも押し寄せるでしょう。泣きたくなることもあるかもしれませんが、できるだけリアルタイムで記録し公開していくつもりでいます。

それまでの間、これまでの経緯を振り返ってみることにいたしましょう。これまでに少し記したこともありますのが、そこはかいつまんでまとめます。

==============================
仕事で東北の養蜂家さんを訪ね、すっかりミツバチになった私。
飼いたい! でも飼い方わからないよ。どうすればいいの?

本で読んだりネットで調べたりしてみますが、実際を知らなすぎていま一つポイントをつかめません。

とにかく少しでもハチに近寄れる場所はないか? ということで、私はまず都市養蜂の会に参加してみることにしました。
  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

蜂球? 見ました。 :: 2012/10/09(Tue)

ミツバチが来てから立ち去るまで、あっという間の10日間でしたが、充実した日々でした。
いや、会社があるから、ハチとともにいられたのは、実質3日ぐらいだったんだけど。

私は、蜂球というのを見てしまったのです!

hachidama.jpg

巣箱の後ろにオオスズメバチがいて、動かない。
そう思いながらなす術もなくそのままにして、ふっとまた見ていたら、ミツバチが集まって団子状態になっている!
なんだろ? よく見ると、ダンゴ状態になったミツバチたちは、20秒に一度ぐらいのペースで、羽を震わせてシャ〜という音をたてます。すべてのハチがタイミングを合わせて同調する、不思議な音。
あのダンゴの真ん中には、オオスズメバチがいるのでしょうか?
突ついてみたいけど、突つけない。
そうこうしているうち、別のオオスズメバチが球に近寄ります。
すると、またしても球全体が同調してシャ〜っという音をたて、その音に驚くのか、オオスズメバチはびくっと後退して立ち去っていきます。不思議!

この球がどうなるのか最後まで見ていたかったけど、どんどん日が落ちて暗くなるし、時間はなくなるしで、この日は帰りました。
次の日の朝、スズメバチやミツバチの死体が転がっているかも?
しかしそんなことはなく、相変わらずスズメバチは来ているし、ミツバチは飛び交うしで、緊張しながらもバランスのとれた状態ができあがっているようでした。
あれが、いわゆる蜂球というものだったのでしょうか?
  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:1
  3. | comment:0

ミツバチの日々でした :: 2012/10/08(Mon)

ここ10日ほど、ミツバチ関連でいろいろありすぎて、何から書いたらよいのかわからなくて放置していたブログです。

550511_288623347906395_14823087_n.jpg


ことの起こりは10日前、ニホンミツバチの捕獲について相談していたおじさんから、突然の電話。
「いま、捕獲してる。成功したら今日中にあなたの畑に持っていくよ〜」
ええ〜、今日ですか? 今の時点で5時すぎてるんですけど!
と驚いたものの、生き物にからんだことというのは、常に突然なのかもしれません。

そして暗闇の中の設置作業。
数日後、昼の光で見てみたら、ミツバチたちは元気に飛び回っているものの、オオスズメバチが来てる!!!!

怖い。ミツバチも怖がっているけど私も怖い。しかし、巣箱はスズメバチが侵入できない作りになっているから、少し時間がかせげればなんとかなるか? と焼け石に水ながらも対策をとっていたら、台風が来るようなので、その対策もして、そしてまた見に行ったら、ミツバチたちは逃げた後でした。

女王が逃げないようなストッパーは付けていたんだけど、蓋のところに小さな隙間ができていて、そこから逃げてしまった様子です。もう、ショックで口もきけません。

たぶん、次のチャレンジは春になると思うけど、その前にもっと環境を整えておこうと思います。
負けないぞ〜!
  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

すごい食品もあるもんだ! :: 2012/06/03(Sun)

中学からの友人が、ただいま長期でヨーロッパ旅行中。

英語とドイツ語に堪能でしかもアクティブな人なので、ギリシャではアパートと車を借りて、自分で運転してあちこちを回っているそうです。その様子を毎日facabookにアップしてくれるので、私は東京にいながらもお裾分けの旅気分を味あわせてもらってます。リアルタイムでわかるんだから、すごい時代になったもんです。

ん、そういえばギリシャって養蜂が盛んだったはず。
どんな花の蜂蜜が多いとか、現地レポートしてもらいたい。と、要望を出したら、たちまち調べてくれました。
「アパートの大家さんに聞いたら、修道院でやってるって。花は名前聞いたんだけど、どんな花だかわからなかった」
花は数日後、タイムのことだと判明。
ギリシャのタイム蜂蜜か、いいな~。

shirohachi.jpg



で、ここからの話は虫が嫌いな人は読まないほうがいいかも。
読みたい人は、「続きを読む」から。
怖い写真は出ません。


続きを読む
  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。