生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

これは何だ? :: 2011/01/24(Mon)

縫いぐるみを買うなんてないと思っていましたが、こいつの可愛さにはやられました。

what.jpg

白いむくむくちゃん。
実はこれ、湯たんぽとそのカバーです。
単なる飾りでなく実用品なところが、嬉しい。

でも、これなんでしょう?
お店のpopには「シロクマ」と書いてありましたが、うちでは「ひつじ」と呼ばれています。
スポンサーサイト
  1. 愛しのモノたち
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

愛しのモノたち ー銀時計 :: 2007/10/24(Wed)

01-gindokei.jpg
↑黒ビロードにのせて撮ってみた。ちょっと光っている部分がぼんやりしているようなので……

02-gindokei.jpg
↑黒い紙をかざして撮ってみた。「デジタル写真生活」によると、「黒を締める」というワザらしい。

この時計は入社した翌年、冬のボーナスで買いました。
ベテランOLとなった今の私にはそれほどのものではありませんが、当時としては大奮発!の買い物でした。
ずっと使っていますが愛着は変わらず、私の持っている時計のなかでは今も「女王様」です。

この時計を買ってずいぶんたった後、実はロレックスを買おうかと迷ったことがあるのですが、これよりも格上の時計を買うのは「女王様」に失礼かと思い、やめてしまいました。

紫の上というよき妻がありながら皇女である女三宮を迎え、その晩年を不幸にしてしまった光源氏のことが頭に浮かんでしまったのです。

私はまだまだアニミズムの世界から抜けきらないのか、愛着のある物品には人格があるように感じる癖があります。
  1. 愛しのモノたち
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

新連載 愛しのモノたち :: 2007/10/23(Tue)

「もっとカメラをちゃんと使いこなさないとな~」と 
しばらく前から、思ってました。

いつも花とかネコとか撮ってるけど、こういうのばっかり撮ってると、どういう場面をとらえられるかということにばかり気持ちがいって、カメラの機能をどう使うかということがおろそかになってしまう。
そこで機能をきちんと覚えるために、物撮りに挑戦! 私のお気に入りの「モノ」をいろいろなやり方で撮ってみることにしました。
20071023230032.jpg
お手本=「デジタル写真生活」9月号 特集「ああ、愛しの物写真」

20071023230341.jpg
こんな感じでセッティングしてみました。自然光で撮りたいので、週末しかチャンスがないのがもどかしい!

写真とともに、お気に入りのものについての思いも書いていきたいと思っています。
乞うご期待!

  1. 愛しのモノたち
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。