生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

ヤモリのヤモちゃん(4)さらばヤモちゃん :: 2006/07/13(Thu)

 ヤモリと暮らして5日めの日曜日、私は最初からこの日をお別れの日とすることに決めていました。
 カーテンをあけたリビングで、ヤモちゃんと私、二人だけの撮影会。
 「うん、いいね~。いいよ、いいよ~」
と、まるでグラビアアイドルを撮るカメラマン気取りの私に、ヤモちゃんはよくこたえてくれました。

 そして撮影が終わり、庭へ。
「ヤモちゃん、数日の間だけどありがとう。そして、しょうもないご飯しかあげられなくて、ごめんね。私ももう少し長く飼うつもりだったら、腰をすえて生き餌を用意するつもりだったんだけどね。」
 そうつぶやきながらヤモちゃんをはなすと、ヤモちゃんはよいしょよいしょと網戸を登っていきました。
 
PICT0101-s.jpg

↑網戸にはりつくヤモちゃん

PICT0104-s.jpg

↑登っていくヤモちゃん

PICT0105-s.jpg

↑どんどん高いところへ行ってしまうヤモちゃん

 ヤモちゃん、さようなら!
しかし、ヤモちゃんはこの後、網戸のいちばん上まで登ったら、ピタリと動かなくなって12時間後もそこにいました。さらに8時間後、朝になってもそこにいました。なんででしょ? その後私が会社に行き、戻ってきたときはさすがにいなくなっていましたが。今ごろ、どこで何をしているのでしょうね?
スポンサーサイト
  1. ヤモリ
  2. | trackback:0
  3. | comment:5

ヤモリのヤモちゃん(3)えさ問題は続く :: 2006/07/09(Sun)

PICT0083_1-s.jpg

 2日ぐらいはカメのえさで騙されてくれたヤモちゃんでしたが、3日めからは頑なに拒否し、食べてくれなくなってしまいました。
 まずい。ヤモちゃんのために何か虫を捕まえて来なくては。そう思って庭に出てみましたが時は夜の8時すぎ、そんな時間に捕虫網もなく植木鉢をひっくり返したりして懸命に虫を探す私。「生き餌なんて…」と思っていましたが、必要に迫られれば迷いはありません。虫を見ても「えさ」としか思えなくなってきました。解剖医にとって、死体が研究材料にしか見えないというのもこんな気持ちなのでしょうか? 普通のOLとして生きるには超えてはならない線を踏み越えつつあるような……。
 苦労しましたが、結局捕まえられたのは小さめの甲虫一匹。これはヤモちゃん、食べてくれませんでした。かくなるうえは最後の手段と、無理矢理にヤモちゃんの口をこじあけ、カメのえさを押し込んでみる。吐き出さないでくれ! と願ってみたら、思いが通じたのか、ヤモちゃんはえさを飲み込んでくれました。強制給餌成功。あと数日なら何とかこれで……とはいうものの、早く解放してあげたほうがよさそうだと思えてきたのでした。
  1. ヤモリ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

ヤモリのヤモちゃん(2)えさ問題 :: 2006/07/04(Tue)

PICT0087-s.jpg

ヤモリもやっぱり「手」がかわいい! へんな趣味でしょうか?
CONICA MINORUTA αSweet DIGITAL std17mm 1/30 -0.7 F2.8


 ヤモリを飼うとなると、問題は食べ物です。彼らは生きたものしか食べないのですから。えさの用意のしかたは知っています。むかし生物の授業でハエの培養はやりました。あの時はたしか肉を使いましたが、バナナがいいとかカブトムシ用よゼリーなども良いらしいです。
 しかし、普通はハエがやってこないようにやってこないように気をつけて暮らしているのに、わざわざ呼び寄せるのもいやだなあ~、と、悩んでいるうち、ある考えが思いつきました。ムリかもしれないけど、ダメもとで試してみよう!
 そして、私は竹串の先にカメ用の固形えさを突き刺し、小刻みに揺らしながらヤモちゃんのあごのあたりをポンポンとたたいてみました。
 結果は大成功。ヤモちゃんは、パクッと食いつき、そのまま吐き出すこともなく飲み込んだのです。 
 いける! これなら一週間ぐらいは家で飼える! 私は生きえさを用意する心配から解放され、ひとまず安堵のため息をついたのでした。


↑写真はクリックすると大きくなります。
  1. ヤモリ
  2. | trackback:0
  3. | comment:7

ヤモリのヤモちゃん(1) :: 2006/07/02(Sun)

PICT0091-s.jpg

↑しがみつく姿が愛くるしい!

 たった数日の間ですが、ヤモリを飼って、今日サヨナラしました。その顛末です。
 先週の火曜日、知人の事務所におじゃましたときに、蜂蜜の空き瓶にこのヤモちゃんが入っているのを見つけました。知人によると、
「今朝たまたま見つけてつかまえちゃったんだけど、できれば虫の多いところにはなしてあげたいと思ってたところで……。そうだ! あなたの家のほうが、虫も多いんじゃない? しばらく飼ってみてもいいし」
ということで、私が持ってかえることに。確かにうちのほうが虫も多いし、暮らしやすいとも思ったのです。
 でもどうせなら写真を撮ってからはなしたいので、日曜日まで5日間だけ飼ってみることにしました。
 問題はヤモリのえさです。
(つづく)


  1. ヤモリ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。