生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

オタマジャクシはどこに? :: 2008/04/18(Fri)

今年の疑問。
今年はカエルの社交場である学校の池に水がはっていないけど、
彼らはどこで産卵しているの?

私、実は我が家の庭のたらい池に来るのではないかと思っていました。
ヒキガエルのおたまじゃくしはカエルになった翌々年に親になり、育った水辺に帰って来ると聞いたので。(今年はちょうど、そういう年)
でも残念ながら来なかったので、こちらから探しに行くことにしました。
PICT0029.jpg

で、これはプールです。
柵で囲んであるのであまり近づけず、オタマジャクシがいるかどうかは不明。
でも、金魚だか鯉だかわからない赤い魚が泳いでいました。
もう使われていないプール。よくはわからないけど、いろいろな生き物たちがくらしていそうですね。

スポンサーサイト
  1. カエル
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

カエル社交場 :: 2008/03/16(Sun)

コンコンという鳴き声が家の中まで聞こえてくるようになりました。
ヒキガエルたちの恋の季節ですね。

メイン会場は家の前の学校校庭のようですが、
今日は盛会で、前の道路まで会場が拡大しているようです。

irubasyo-hiki.jpg

↑道路の左端にある塊がかえるカップル。
写真ではわからないが、30mほど後ろにもう1カップルいる。

カエルカップルのアップ写真は、「追記」にアップしておきます。
続きを読む
  1. カエル
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

あれから一年…… :: 2007/05/14(Mon)

おたまじゃくしの、後ろ足、前足、ともにはえそろいました。もうすぐカエルになって旅立てるね。
hikigaeru.jpg

そういえば、カメラを買ったのは去年の今ごろ……。そして最初に撮ったのも、確かオタマジャクシだったような。一年たつのは早いです。
毎年のことだけど、カエルの成長はほんとうに見ていてあきません。アゲハもそうだけど、短期間の変身を通して、ぎゅうっと濃縮された生命のドラマが見られるところがすごい! 

今日はオタマジャクシの変身の様子がよくわかる本も紹介しちゃいます。この本で紹介されているのはアマガエルのおたまじゃくし。うちにいるのはヒキガエルだから、ちょっと違うけど、脚がはえていく順番などおおまかな流れは同じです。成長のステージごとに、オタマジャクシの本当の大きさが図で示してあるのも親切設計! 実際にオタマを飼育して、この絵本で確認しながら観察すると、変化のようすがよくわかります。
20070514000420.jpg

 「へんしん おたまじゃくし」ひさかたチャイルド刊 1050円 
おおお! 素晴らしい本だ。 

  1. カエル
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

小学校のビオトープ :: 2007/03/18(Sun)

3月15日の日記にちょろっと書いた小学校のビオトープ、さっそく見に行ってまいりました。日曜日の校庭開放で入れたんですね~。

ビオトープといってささやかなものでしたが、ちゃんとオタマジャクシが泳いでいましたよ。夜はさぞかしカエルが集まって賑やかなことでしょう。

20070318224726.jpg

せっかくカメラを持って行ったのに、なぜこんな写真しかないのでしょうか? 
実はこのときオットをずいぶん待たせてしまい、あまりにプリプリしているのでほとんど写真をれなかったのです。後から考えると悔やまれるので、来週もう一度カメラを持って行ってこようかと思っています。

去年のブログを読み返すと、最初にオタマジャクシが確認できたのは、3月29日。今年は18日の時点でもうけっこうなオタマジャクシがいるというのは、やはり暖冬の影響でしょうか?
  1. カエル
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

カエルが心配 :: 2007/03/15(Thu)

去年の日記を読み返してみると、ちょうど今ぐらいがヒキガエルの産卵ラッシュでした。うちの向かいの小学校の池では、夜な夜なカエルの大合唱が響き渡っていたものです。
しかし、今年は気がかりなことが……

学校の池に水が入っていないのです。

これでは、産卵のために訪れたカエルさんたちはどうすればよいのでしょうか?
用務員さんをつかまえて水を入れるよう言おうかどうしようか考え込んでいたら、近所の小学生(犬の散歩をしている子に聞いてみた)から、耳寄りな情報が!

小学生「わたし、昨日カエルの卵見つけたの!」
私「どこ? この近く?」
小学生「うんとね、ビオトープ。」
私「ビオトープ? この近くにあるの?」
小学生「うんとね……、○○小学校と××小学校が合併してね。
それでね、△△のほうに新しい学校ができたの。
それでね……(中略/このあたり、話が広がってムダに長い。しかし子どもなので仕方ありません)
……で、その学校の中にビオトープがあるの」

ビオトープ! それは見に行かなくては!

しかし、「それって、私も見に行ける?」と聞いたら、
「う~ん、学校の中だから、よくわかんない」
という答えが返ってきてしまいました。
最近の学校って、防犯対策で出入りが厳しいからな……。

しかし、私はあきらめません。私の払っている税金も投入されているはずのビオトープ、必ず見に行かなくては!

それにしても、向かいのカエル池(と、勝手に呼んでいる)のことも気になるなあ。
  1. カエル
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。