生き物日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

畑に春の兆しあり :: 2013/02/11(Mon)

ume-bayasi-w.jpg

いつ咲くかいつ咲くかと待っておりました。

都心は1月中には咲いちゃうよな〜。
でも、埼玉とはやっぱり気温が違うし…。

水戸は2月半ばって言ってたっけ?
気温としては近いぐらいかしら……?

うちの畑の隣が梅林なんで、気にかかっていたのです。
2月10日、本日ほんの少しだけ、白い梅が高い場所で咲いていました。

風は冷たいけど、空気が湿り気を帯びて、ちょっとだけ春っぽいのですよ。

畑のスミに謎の木があって、これも花芽がふくらんでいました。
わりとはっきりしたピンク色、これって桃なんじゃない?

畑で感じる早春の気配に、心がときめいてくるのでした。
スポンサーサイト
  1. 借りてる農園
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ハチ飼い志望動機ーこれまでの話ー都市養蜂の会 :: 2013/01/08(Tue)

ハチ飼い志望動機について語ります。
前回までの話は、こちらを→http://ikimonotachi.blog10.fc2.com/blog-entry-1177.html

bee-yubisaki.jpg
↑成虫になりたて。まだ飛べないハチ、刺しません。

さて、都市養蜂の会とはどんなところか? ですが、都会のビルの屋上でハチを飼っていて、会員を募っています。
春から夏にかけてのシーズンは、週に一回土曜日に内見(巣箱をあけてチェック)と採蜜活動を行います。会員は、それに参加。一回参加すると、蜂蜜が小瓶ひと瓶もらます。
会の趣旨とか地域との交流とか、ほかにもいろいろ紹介したいところですが、ここは私の蜂飼い人生について語る場なので、そこは省略させていただきます。

とにかくハチに触れたい。
どうやって飼うのか知りたい。
その一身で参加したのですが、参加メンバーが多くて、なかなかハチの近くにたどり着けません。
もっと箱の中が見たいのに……。
  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

さよなら2012年 :: 2012/12/31(Mon)

ぼんやりしているうちに、2012年最後の日がやってきました。

新しい一年をよりいい形でスタートするために、あと1時間ですが振り返ってみることにしました。

○ハチと畑
121231hatake.jpg
冬の間は、ハチが飼えそうな場所を探して東奔西走。
ここなら、ということで今の畑を借りられたのが5月。
そこからは、とにかく畑に夢中な毎日でした。
私と畑は、まるで付き合い始めの恋人同士のようなものでした。
…一緒に過ごす初めての夏。初めての秋。初めての冬。
そして、早春はどんな表情を見せてくれるのかしら!!?? 
って、自分でもアホかと思いますが、それぐらいすべてが新鮮だったのです。
まだまだ熱狂の日々は続いていますが、それを落ち着いた関係にもっていけるか否かは2年目にかかっていると思います。
ハチのほうは、12年は成功しなかったけど、落ち込んではいません。
成功に至る道の途中にいるのだと思って、また春からの対策を考えるつもりです。

○仕事
新体制になって2年め。ようやくスムーズに流れ出した感じ。いろいろなトラブルもあったけど、チームワークで乗り切れたのは良かったな。反省点は、一回で決めるべきときに決められず、ぐずぐずした結果を招くことが多かったこと。最終的にはなんとかなるんだけど、それではいかん! 
ということで、来年の目標は「一度で決めろ!」でいきたいと思います。
もしくは、せめて「一度で決めるつもりでやれ!」で。(←ちょっと気の弱さが出ている)

○時間
畑を始めたことで、なんだか前以上に忙しくなってしまいました。
会社員なので、基本的に週に5日は会社の仕事に拘束されるわけで、残りの2日に何を入れ込むか? これを調整するのは、もうパズルのような状態です。
なんだか、根本的にもう少し何とかしないといかんな〜。平日の朝を活用するとか、または今までやってきた何かを減らすとか…。

ってなことを、少し時間をかけて解決していこうと思っています。
そんなこんなで2012年が暮れていきます。
皆様、いろいろありがとうございました。

よいお年を!
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

おサルの温泉 :: 2012/12/13(Thu)

121208Sun 096

週末を利用して、地獄谷野猿公苑に行ってきました。

本当はこんなに寒くなる前、心地よい秋の散策を楽しみながらのつもりだったのですが、なかなかオットと予定が合わず12月半ばまでずれこんでしまいました。

とはいえ、snow monky で有名な場所なんだから、雪が降ってからのほうがいいんじゃないの?
という声もありましたが、とても不安。

極端に寒さに弱い私が、耐えられるのか?

なんでこんなに寒がりなんだろう?
どちらかというと丈夫なほうだし、脂肪も肉もほどほどについているのに。

そうだアレだ。たぶん血管が細いせいじゃないかしら? いつも健康診断で採血しにくいって言われるし…。

などと、素人考えでアレコレ考えてしまいますが、この思考ムダですね。
なぜかを考えるより、対策を考えたほうがマシです。

ダウンの山スカートを友達に借りたり新しい防寒ブーツ買ったりして装備を整え、いざ山へ。

saru1211-yuki.jpg

いや〜、やっぱり雪山でサルって良いですね。
ほんと12月に来てよかった。
っていうか、むしろもっと積もったころに来たかったよ。

なんて、寒いとかブツブツ言ってたことなんて、瞬間で忘れてしまうサルの楽しさでした。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ハチ飼い志望動機ーこれまでの話 :: 2012/11/25(Sun)

viora-b.jpg

↑これはセイヨウミツバチです。

秋の日に慌ただしくやって来て、そして去ってしまった私のハチたち。
飼育再開は、たぶん来年5月か6月ぐらい。

再開しても難問はいくつも押し寄せるでしょう。泣きたくなることもあるかもしれませんが、できるだけリアルタイムで記録し公開していくつもりでいます。

それまでの間、これまでの経緯を振り返ってみることにいたしましょう。これまでに少し記したこともありますのが、そこはかいつまんでまとめます。

==============================
仕事で東北の養蜂家さんを訪ね、すっかりミツバチになった私。
飼いたい! でも飼い方わからないよ。どうすればいいの?

本で読んだりネットで調べたりしてみますが、実際を知らなすぎていま一つポイントをつかめません。

とにかく少しでもハチに近寄れる場所はないか? ということで、私はまず都市養蜂の会に参加してみることにしました。
  1. ハチと蜂蜜
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。